teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


時代の変わり目-その6

 投稿者:海辺里 渡邊メール  投稿日:2008年12月12日(金)21時31分37秒
  年に2回ほど商品の開発を進める予定が約1年かかった。「銚子の奥座敷 たつみのほうぼう料理専門店」の創出を目指し商品として「方宝すし」を作り先ごろ試食会を開催した。
 この間の経緯を整理しながら次に向かって歩を進めて行きたい。
 1年ほど前に企画を練り上げた祭、周辺地域を商圏とする飲食店は厳しくなる消費環境にどう応対するのか5年先位を目途に想定が迫られた。方向性は二つに分けられた。ひとつは消費者のニユーズに徹底的の応対すること、次には地域の資源を活用し広範囲の消費者に応対すること方向であった。
 「たつみのほうぼう料理」創出に携わった者として数回に分けて展開して行きたい。

http://www.portland.ne.jp/~tuberi/newpage/kakigaranokaseika.htm

 
 

時代目の変わり目ーその5銚子うめぇもん研究会活動

 投稿者:海辺里 渡邊  投稿日:2007年11月20日(火)21時55分52秒
編集済
  「島武のきんめ煮」発売から1ヶ月が経過、とかく陥りやすいネットや電話での注文販売を丁寧に断りながら自店で販売を継続してきました。研究会が自らの販売ともの創りに汗水流しながら展開する端緒を導きだし始めたことをとりあえず評価したいと思います。
 衰退が極める銚子の商店街を何とか逆転させる実践的な契機は何か、考えあぐねて作り出した研究会活動が従来と何かが違うもの創りを始めたこと、組織的活動や販売の方法について現状を否定的に媒介することがエネルギーになること、そして、地域活性化の当面する着地点はここの会員が自らの商品で専門店を創出すること、銚子を代表する商品群が商店街の空洞化を活性化に展開するエネルギーに転化すること、などです。とりあえず、することを日常にしたいと願っています。

http://www.portland.ne.jp/~tuberi/newpage2kakigaranokaseika.htm

 

時代の変わり目-その4 銚子うめぇもん研究会の活動-1

 投稿者:海辺里 渡邊メール  投稿日:2007年11月 5日(月)21時44分59秒
   第2弾の商品企画である「島武のきんめ煮」は新聞紙上8社などで取り上げられたり、購入者の皆さんから概ね好評を戴いています。別の角度からは地域の見直しと一事業者一品創出、そしてネット販売など外に目を向ける方法を避けることなど従来のもの創りと異なる視点を組織活動の在り方として公表しています。

http://www.portland.ne.jp/~tuberi

 

時代の変わり目-その4 銚子うめぇもん研究会の活動

 投稿者:海辺里 渡邊メール  投稿日:2007年10月22日(月)20時30分57秒
編集済
   先ごろ、銚子うめぇもん研究会が第2回めの商品発表・試食会を開催し市長が多忙の中、出席したことに、お礼を含め挨拶に伺いました。儀礼上と思っていましたが当うめぇもん研究会に対する市長の思い入れがことのほか熱く驚いた次第です。以前の職場で体験した新潟県寺泊や最近、日本海の氷見市で地元の人がお互いに助け合い地域を盛り上げる事例を挙げていました。銚子の現状を嘆き変革を求めることは上に立つ首長の当然の振る舞いですがその意気込みは予想以上でした。
 外側から軽率な言葉を弄すれば伝統に胡坐をかき、表に立つのは金太郎の飴のような人ばかりでいつも銚子、銚子と食い物にしているような感じをしています。「銚子」という言葉を一切発せず、ものを語り、創り、深さで地域を紡ぎだす所作を見たいものです。例えば飯岡町は合併で旭市になり自らを地域で表現する言葉を喪失しました。職業上は調理人ですが自らを一介のもの創りとして愚直に這う以外に活路は見出せません。市長の思いが地元の不可視の行為者に届くよう期待しています。

http://www.portland.ne.jp/~tuberi

 

時代の変わり目-その3

 投稿者:海辺里 渡邊メール  投稿日:2007年10月 2日(火)21時37分50秒
   昨年から今年にかけサバが大量に水揚げされましたが今年はそのあおりで厳しいようです。また、海温が高くイワシの水揚げも皆無です。地球温暖化化または取り過ぎの結果なのか判りませんが全体として水揚げの減少は確実に進行しているようです。
 このところ、生業のこともあり銚子漁協に足を運んでいます。底引き、エビ引き、きんめ、さんまが交互に水揚げさていますが、取引はやや高めのようです。第3者の立場から市場を眺めますと旧態以前とした仕組みのなかで業が日常化されていると映ります。
 現状が進行すればこの先、一定期間に漁が無くなれば船団の壊滅は避けられないとおもいます。また、漁を抑えていけば後継者が皆無といわれる地域の魚屋さんが壊滅することは明白です。難しい問題です。また、飲食業でも鮮度の良いものをいかに安く仕入れるかに業がかかっています。
 この間、ネットを始め仕入れなどを様々の角度から調べて来ましたが将来的な取引の方法が見えてきました。やはり、市場に足を運ぶ以外に無いようです。

http://www.portland.ne.jp/~tuberi

 

時代の変わり目ーその2

 投稿者:海辺里 渡邊メール  投稿日:2007年 2月23日(金)20時40分8秒
   今や、全国の末端でも刺身「マグロに代表」は日常として手に入ることができます。マグロに限らず冷凍⇒解凍しても一定の商品価値があること、大量生産・大量消費を前提にするものが市場(スーパーなど)を席捲しています。
 しかし、世界的気象条件の変化(地球温暖化)・資源の減少(マグロの漁獲制限)・中国を中心に後進国の食料事情の変化など、<魚>を巡り環境が激変しつつあります。例えば、昨年から銚子漁港では大量のサバが水揚げされていますがその50%は中国に輸入され、そのうち20%は商品として日本に輸入されています。スーパーなどに並ぶ塩サバなどはこの手のものです。
 ごく有り触れた光景のようですが実情をみると、市内の加工場は輸入のサバを加工するシステムになっているので地元で上るサバを処理できないのが現状です。そして、冷凍工場では大量のサバを眠らせています。

http://www.portland.ne.jp/~tuberi

 

時代の変わり目にあたり-その1

 投稿者:海辺里 渡邊メール  投稿日:2006年12月31日(日)21時44分56秒
   12月に入っても温かい日が続き鍋ものは宙に浮いた感じです。近くの農家でもキャベツ・ダイコンの値崩れに出逢っています。しかし、9月以降の変移は一時期の経済動向とは
異なり時代の潮目に向かっています。戦後、食は<飢え>という課題の克服が国の政策を規定してきました。
 漁業や農業の分野にはまだ色濃くこの政索的後追い現象はありますがこの数年で<食><飢え>の世界史的レベル、日常レベルでは<食><ハレ>で対関係が明確に変化しました。
 身近では<ハレ>の食を商いにしてきた有様が変容に迫られてきたことです。例えば 刺身などは程度の差はあってもスーパーに行けば日常の食事になっています。

http://www.portland.ne.jp/~tuberi

 

あんこう鍋料理

 投稿者:海辺里 渡邊メール  投稿日:2006年12月22日(金)20時07分50秒
  2月1日から飯岡あんこう鍋祭りが始まります。ここでは組合の協定コースが鍋祭りの期間中、通常より3150円の割引料金になっています。祭り期間以外は4500円がコースの料金です。コース内容は*小鉢 *前菜 *あん肝 *共酢和え *あんこうの皮 *鍋 *雑炊 *お新香です。また生きたあんこうが入荷したときは「あんこうのほほの刺身」や「肝の刺身」など提供しています。

http://www.portland.ne.jp/~tuberi

 

あんこうについて

 投稿者:雅人メール  投稿日:2006年12月22日(金)17時45分57秒
  あんこう祭りが始まるかと思いますが、あんこう鍋コースは4500円のあんこう鍋料理とは内容が異なるのでしょうか?
また、あんこう鍋コースの内容を教えてください。

http://www1.ezbbs.net/28/f-exchange/

 

ふぐ・あんこう料理に向けて

 投稿者:海辺里 渡邊メール  投稿日:2006年11月11日(土)21時45分31秒
  例年に比べ暖かい日が続いています。鍋ものには箸が向かいようです。ですが予定に沿って”ふぐ料理”を始めました。ここではミニふぐ刺し¥980円を目玉にしています。
 12月1日からはあんこう料理を開始します。野菜類は安いようですがフグやアンコウは
漁が少なく魚価は高めに進んでいます。

http://www.portland.ne.jp/~tuberi

 

ペット同伴の宿泊

 投稿者:海辺里 渡邊メール  投稿日:2006年11月 8日(水)06時45分58秒
   ペット同伴宿泊について問い合わせを受けますが残念ながら現在のところお断りさせて頂いています。
 レストランでのお食事についてはご検討いたします。

http://www.portland.ne.jp/~tuberi

 

(無題)

 投稿者:KK  投稿日:2006年11月 7日(火)13時33分48秒
  とっても魅力的なお宿ですね。 ペット(小型犬)を連れての宿泊はNGでしょうか?
もしダメなら食事だけでも楽しみに伺いたいと思っています。
 

(無題)

 投稿者:かおり.Wメール  投稿日:2006年10月 8日(日)12時38分19秒
  旭市のいわしの記事が読売新聞10月1日の朝刊に載っていたようですね。千葉の酒々井に住んでいる私の友達から、10月6日の読売新聞朝刊の千葉版にも掲載されていたという連絡を受けました。
高級魚が中国になどに輸出されて国内に出回ることの少なくなった今日、いわしが注目されて、早く家庭でも普及するといいですね。
 

(無題)

 投稿者:nomi  投稿日:2006年10月 8日(日)09時35分52秒
  お返事有難うございます。
冬場は無理だろうなと思いながらお尋ねしたので、優しい応対をして下さって嬉しいです。
是非伺いたいのでその時は宜しくお願いします。
 

テラス席での食事

 投稿者:海辺里 渡邊メール  投稿日:2006年10月 7日(土)20時14分59秒
  予約があれば海を見渡すベランダで犬を連れての食事を受けています。
1月頃は天候が良いと外での食事も出来ますが風が吹き寒さが厳しいと
ご無理でしょう。室内では時間によって応対する方向で考えたいと思います。
近くになりましたらご連絡下さい。

http://www.portland.ne.jp/~tuberi

 

犬連れで…

 投稿者:nomi  投稿日:2006年10月 7日(土)11時19分9秒
  こんにちは。
ぐるなびで拝見したのですが、犬連れでお食事が出来るのはテラス席のみでしょうか?
1月に九十九里を犬連れで旅行するので、その時(お昼)鮟鱇鍋を食べに伺いたいのですが予約が必要でしょうか?
お忙しい中お手数ですが教えて下さい。
宜しくお願いします。
 

飯岡港水揚げカタクチイワシの食用化について-4

 投稿者:海辺里 渡邊メール  投稿日:2006年10月 6日(金)21時32分38秒
  8月21日千葉ブランドに審査が行われ月末には認定が発表される予定でした。しかし、審査をめぐり問題が起こって10月中に認定されるか未定とのこと。予定どうり進んでいれば直販所の設置やネット販売などの最中でした。
 一方で地域ブランドとして定着させるため宿泊組合で「イワシ料理」の計画を進めて来ました。市長を始め行政関係者、水産の関係者、マスコミ関係者、開発協力者などを対象に①沖締めイワシ・ひかりイワシの開発成果の発表 ②飯岡独自なイワシ料理の試食会を9月21日に開催しました。
 この結果が新聞各紙で取り上げられました。臭みを消し、鮮度を保持しする「熟成タレ」により冷凍しても「生食感」のイワシがこれによって消費者に理解される契機になればと期待しています。

http://www.portland.ne.jp/~tuberi

 

千葉県ブランド飯岡沖締め・ひかりイワシ-2

 投稿者:海辺里 渡邊メール  投稿日:2006年 8月 3日(木)21時39分36秒
  7月18日、県に千葉ブランド認定の申請、8月4日加工品の部門で審査(応募した70名皆さんによる試食)、引き続いて21日に専門家による審査、そして、今月末に認定の発表となります。
 今回は30品目が申請されており、すでに社会的に認知されている商品はともかく、従来と異なる申請品、製法、などの場合は全く未知数とのこと。

http://www.portland.ne.jp/~tuberi

 

千葉県ブランド化-2

 投稿者:海辺里 渡邊メール  投稿日:2006年 7月14日(金)21時33分12秒
   去る7月11日、海匝漁協で関係者が集まり千葉ブランド認定の申請について協議が行われました。協議の結果、飯岡港水揚カタクチイワシの千葉ブランド生鮮物に「飯岡沖締めイワシ」、加工品として「飯岡ひかりイワシ」を19日に同時申請することになりました。

http://www.portland.ne.jp/~tuberi

 

千葉県ブランド化について

 投稿者:宿泊組合 渡邊メール  投稿日:2006年 6月 2日(金)20時40分21秒
  今年の4月、商標法の改正があり地域ブランドの登録が制度化しました。先ごろ、千葉県の水産課より文書が届き県水産物ブランド化認定申請の仕組みが明らかとなりました。
 幾つかに条件が整い次第申請すれば審査を行い認定しますというのが趣旨です。今後、食によるまちづくりなど地域の活性化や観光施策にとりこのブランド化は中核になると思います。
 1昨年前から飯岡港水揚「セグロイワシ」の鮮魚出荷や加工による商品化を微力ながら試みて来ました。現在、十数社の企業の皆さんに協力を頂き商品化の形が整って来ています。この積み重ねで先般、千葉県新産業創造研究開発事業に申請しました。そしてこの研究開発事業のなかでセグロイワシの地域ブランド化と同時進行となれば1年後位にブランド化も決して夢で無いと思います。

http://www.portland.ne.jp/~tuberi

 

レンタル掲示板
/5