teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:すな  投稿日:2009年10月29日(木)23時09分37秒
  はじめまして

【父の暦】を読んで感動しました。

それで、
ランキングで父の暦にコメントを記入していたのですが
間違えて途中の状態で入れてしまいました。
すいません。
以下が入れようとしていたコメントです。

「自分の知っているのは父の一面でしかなく、それは主観によって捉えたもの。必ずしも正しいとは言えない。自分自身とも重なる部分が多々あり、考えさせられる作品でした。感動しました。」
 
 

Re.ちいおさん

 投稿者:Sugimoto(管理者)  投稿日:2009年 5月 1日(金)19時44分17秒
  書き込みありがとうございます。

>フランスでは大人向けの「マンガ」として人気ありますね

そのようですね。
また、よろしくおねがいします。
 

(無題)

 投稿者:ちいお  投稿日:2009年 4月25日(土)02時25分8秒
  追伸
現在フランスで手に入る翻訳はこんなところでしょうか。「L'homme qui marche」よりも
「Le Promeneur」(「散歩もの」の翻訳?)の方がやっぱり面白いですねえ。
個人的には「孤独のグルメ」も大好きでたまに読み返しては、あのセリフの数々に笑ってしまいます。

http://www.alapage.com/-/Recherche/?choix=fulltext&ap=1&type=1&fulltext=Taniguchi&id=316451238149342&donnee_appel=ALAPAGE
 

(無題)

 投稿者:ちいお  投稿日:2009年 4月25日(土)02時15分25秒
  フランスからカキコします。しばらくチェックしていませんでしたが、
フランス語版の「シートン」と「魔法の山」が出版されていました。

フランスでは大人向けの「マンガ」として人気ありますねえ
 

Re.Ivan

 投稿者:Sugimoto(管理者)  投稿日:2009年 4月22日(水)19時22分56秒
  Thank you for your message.
Good Luck!
 

Re.フジ丸さん

 投稿者:Sugimoto(管理者)  投稿日:2009年 4月22日(水)19時20分21秒
  「冬の動物園」は本当に興味ある作品ですね。
わたしも、続編がよんでみたいです。
 

Blanco Ralf Helfer quote

 投稿者:Ivanメール  投稿日:2009年 4月10日(金)02時28分44秒
  Hello,

I have just read "Blanco" in French. I was wondering if someone had the original quoe of Ralph Helfer at the end of Chapter 8.

Kind regards,

PS: ごめんなさい。私の日本ごはわるいです

http://kanis.fr

 

冬の動物園

 投稿者:フジ丸  投稿日:2009年 4月 6日(月)00時18分17秒
  谷口先生。管理者様。はじめまして。
このあいだ谷口先生の作品「冬の動物園」読みました。自伝的作品という事で、LIVE!オデッセイからの谷口ファンとして大変興味深く、また「遥かな町」の現住人の一人として、とても共感しながら読み終えました。主人公のその後の物語もまた機会をみて発表して下さることを、切に願います。谷口先生。そして皆様の一層のご活躍とご多幸、そして「遥かな町へ」の映画化の実現が一日でも早い事を大願致します。
 

ありがとうございます!

 投稿者:Sugimoto(管理者)  投稿日:2009年 1月 5日(月)12時33分46秒
  中国からの書き込みありがとうございます。
谷口先生も、この掲示板見ててくれると思います。
これからもよろしくおねがいします。
 

(無題)

 投稿者:ataraxia  投稿日:2008年12月23日(火)15時41分43秒
  谷口先生、こんにちは!私は、中国の学生です。最近、先生の作品「欅の木」、「父の暦」、「遥かな町へ」を読んでいただきました、すごく感動しました。これからも先生の本をもっと読みたいです!  

Re.オバケ 上巻 hyさん

 投稿者:Sugimoto(管理者)  投稿日:2008年11月 4日(火)10時56分2秒
  情報ありがとうございます!

さっそく、調べてみます!
 

オバケ 上巻 

 投稿者:hy  投稿日:2008年10月27日(月)22時51分12秒
  http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/3627689/s/~6b19cf0ce
畑中純 オバケ 上巻(THE DIRECTER'S CUT EDITION 最終版)に
特別解説 ここにあるマンガの自由 を寄稿されています。
 

Re.夢の屋さん

 投稿者:Sugimoto(管理者)  投稿日:2008年 5月12日(月)18時02分55秒
  ありがとうございます。
わたしは、アナログ人間でして、
まだ、使いこなせていません。

また、よろしくおねがいします。

http://blog.goo.ne.jp/jiro-taniguchi-fan-2/

 

CGIメールはいかが

 投稿者:夢の屋  投稿日:2008年 5月 1日(木)12時06分50秒
  ご無沙汰しております、札幌の夢の屋です。
唐突ですが、先日、狩撫麻礼のファンという方からメールが入りました。
狩撫麻礼さんつながりだと「「谷口ジロー」の街」もありますよと
サイトを紹介しましたので、こちらへ寄りましたら、よろしくお願いします。

ところで、Sugimotoさんもスパムメール対策でメールアドレスの掲載を削除したのでしょうか?
当方もずっと迷惑メールには困っておりましたが、
同業の古本屋の片隅を借りて初挑戦のCGIメールを3月に設置いたしました。
ずっとDIONなもので今までCGIを勉強する機会がありませんでしたけれど。
その顛末については我がブログで紹介しておりますが、
私にも設置できたということは、判りやすい無料CGIメールだと思います。
谷口ジローさんの情報収集のためにSugimotoさんもいかがですか?

http://blogs.dion.ne.jp/yumenoya/archives/7000911.html

 

Re.てんりんさん

 投稿者:Sugimoto(管理者)  投稿日:2008年 2月15日(金)19時44分26秒
  お久しぶりです。てんりんさん
書き込みありがとうございます。

鳥取県倉吉市は、盛り上がっていますね。
でも、NPOでは、たいへんですね。

「遥かな町へ」日本版、わたしも、見てみたいです。
 

「遥かな町へ」映画化へ

 投稿者:てんりん。  投稿日:2008年 2月13日(水)23時15分20秒
  ごぶさたしてます。
「遥かな町へ」の映画化が静かに進行中です。
外国での映画化は、今年、完成するとのこと・・・。
地元、倉吉が、本家だとばかりに、機運が高まっています。
ファンの皆さん力を貸してくださいね。

映画化へのシンポジウムが開かれた模様です。
http://www.nnn.co.jp/news/080203/20080203002.html

http://www.treaming.net/modules/bulletin/article.php?storyid=1292

映画化応援団の案内
http://www.npo-mirai.net/3/newpage3.html
 

Re.すずらんさん

 投稿者:Sugimoto(管理者)  投稿日:2008年 1月24日(木)18時13分52秒
  フランスからのコメント!ありがとうございます!!

>ArteというフランスのチャンネルでMANGAについての
>ドキュメント番組をやっていました。

わたしも見たかったです。

>貴サイトを見つけてとても嬉しかったので思わずコメントしました。

本当にありがとうございます。

「遥かな町へ」日本語でも、フランス語でもいいですので、
ぜひ、読んでみてください!

貴ブログ拝見しました。キレイなところですね。
まるで、フランスみたい(笑)

また、よろしくおねがいします。
 

訂正にきました。

 投稿者:すずらん  投稿日:2008年 1月24日(木)01時41分42秒
  たびたび失礼します。
つづりを間違っていました。
『Quartier lointan』ですね・・・お恥ずかしい。
やはり買って勉強が必要ですね(笑)

http://plaza.rakuten.co.jp/kazuhiro1222/

 

すごい作家さんですね。

 投稿者:すずらん  投稿日:2008年 1月24日(木)01時16分58秒
  初めまして。フランスのリヨンに住んでおります。
今日ArteというフランスのチャンネルでMANGAについてのドキュメント番組をやっていました。その中で初めてこの谷口ジローさんを知りました。漫画は好きで子供の頃からよく読んでいましたが、最近の漫画についてはあまり詳しくありません。
谷口さん自身も番組の中でインタビューに答えていろいろお話されていましたが、その人間性にも大変魅力を感じました。
このなかで紹介されていたのは『Cartier  loin  temps 』ですが、たぶん『遥かな街』ですね。読んでみたい!!
このような貴サイトを見つけてとても嬉しかったので思わずコメントしました。
ヨーロッパでも大変人気のある、実力派の作家さんだったのですね。
ほんとうに失礼しました。
今度帰国の折は是非読んでみたいと思っています。
それともフランス語の勉強のためにもこちらで買いましょうかね(笑)
でも日本の漫画はとても高いのですよ~(値段は3倍位します・泣)
ではまた。

http://plaza.rakuten.co.jp/kazuhiro1222/

 

Re.hy さん

 投稿者:Sugimoto(管理者)  投稿日:2007年12月 6日(木)18時29分23秒
  >「ジャーナリスト漱石 発言集」
>11月25日の朝日新聞

ホントですね!
情報ありがとうございます!

また、よろしくおねがいします。
 

レンタル掲示板
/10