teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re.Re.Re.いや-『K』大変によかったです>Macさん

 投稿者:Sugimoto.(管理者)  投稿日:2005年 6月17日(金)01時38分53秒
  貴サイトに、タイムリーに、
「K」の書評がでていました。Nice!です。

http://blog.livedoor.jp/makshima0321/archives/25229663.html

 
 

Re.Re.いや-『K』大変によかったです

 投稿者:Macメール  投稿日:2005年 6月16日(木)12時21分57秒
  >管理人さん
たしかにちょっと高いですが(笑)購入の価値十分すぎるほどありますね
『K』の自然、神への接し方・・感謝・・すばらしいと思います

東洋、西洋の山、登山に対する考え方の違い
東洋 神々の住む場所・・魂の帰る場所
西洋 チャレンジ・・人間が自然を制するということ

と以前聞いたことがあったのですが、改めて考えさせられました。

http://blog.livedoor.jp/makshima0321/

 

「ユキヒョウ」 Ⅲ

 投稿者:Sugimoto.(管理者)  投稿日:2005年 6月15日(水)23時11分2秒
  なんと「ユキヒョウ」のサイトがありました。
http://snow-leopard.web.infoseek.co.jp/
 

「ユキヒョウ」 Ⅱ

 投稿者:Sugimoto.(管理者)  投稿日:2005年 6月15日(水)23時04分41秒
  「一枚の絵」という雑誌(一枚の絵社)
http://www.ichimainoe.co.jp/ 
が、ありますが、6月号の特集は、
「動物園で動物を描こう」で、表紙は中村賢次という人の
「ユキヒョウ」の絵です。
(雑誌の内容もけっこうおもしろいです。)
 

Re.いや-『K』大変によかったです>マイカル鈴木さん

 投稿者:Sugimoto.(管理者)  投稿日:2005年 6月15日(水)22時44分45秒
  「K」は、とても面白いですね。
「神々の山嶺」も、登山ものですよ。

>ブックオフや、ヤフオクにて、捜してますが
「新刊本」で、買いましょうよ(笑)

ちょっと高いですが、値段だけの価値は
ぜったいありますよ。
 

いや-『K』大変によかったです。

 投稿者:マイカルSUZUKI  投稿日:2005年 6月13日(月)21時19分40秒
  『K』をよんで、はまりました、谷口作品自分でも、買ってみようと思います、この前
から、ブックオフや、ヤフオクにて、捜してますが、中々見つかりません。また、情報あったら、教えて下さい。
 

「castrman社=Sakka作家シリーズ=孤独のグルメ(フランス語版)」

 投稿者:Sugimoto.(管理者)  投稿日:2005年 6月12日(日)23時20分29秒
  castrman社 http://www.casterman.com/ の
Sakka作家シリーズ http://www.sakka.info/index.php
「孤独のグルメ」のフランス語版は、
9月3日発売のようです。
http://www.sakka.info/catalogue/bio.php?a=castTANIGUCHIJi
 

6月7日発売、「漫画アクション=第13号」 Ⅱ

 投稿者:Sugimoto.(管理者)  投稿日:2005年 6月12日(日)22時59分10秒
  忘れていました・・・・・。
6月7日発売の「漫画アクション=第13号」
http://www.futabasha.co.jp/?magazine=action
(双葉社 http://www.futabasha.co.jp/)に
「第2回漫画アクション新人賞の発表」の
記事があり、「審査員」のひとりである、
谷口先生の、コメント(入選作品に対する)が、でています。
 

「ブログ Blog」 流行

 投稿者:Sugimoto.(管理者)  投稿日:2005年 6月12日(日)22時15分4秒
  最近 ネット上で、「ブログ Blog」が、流行ってますね。
「livedoor」http://www.livedoor.com/ に
ブログの「検索」が、ありましたので、
「谷口ジロー」を、キーワードに
検索してみました。
http://sf.livedoor.com/search?q=%C3%AB%B8%FD%A5%B8%A5%ED%A1%BC&sf=update_date
ついでに、「谷口ジロー シートン」で検索
http://sf.livedoor.com/search?q=%C3%AB%B8%FD%A5%B8%A5%ED%A1%BC%A1%A1%A5%B7%A1%BC%A5%C8%A5%F3&sf=upda te_date

わたしも、つくろうかな(>Blog)。
 

「学習漫画 シートン動物記」(監修 藤原英司)

 投稿者:Sugimoto.(管理者)  投稿日:2005年 6月12日(日)21時32分52秒
  1974年発行の「学習漫画 シートン動物記」
(監修 藤原英司)(集英社・全12巻)のうち
谷口先生が、4巻巻描き下ろされています。
http://plaza.across.or.jp/~kizawa-home/setonanimalsstory.htm

このサイトをみて「漫棚通信」さん
http://www.geocities.jp/mandanatsusin/
が、彼のブログにおいて、
「つづき」を調べていただいたようです。
(中にも書いてありますが、著作権が、心配ですが)
紹介します。
http://mandanatsusin.cocolog-nifty.com/blog/2005/06/post_9047.html

谷口先生は、こんな昔の作品を発見されて、
迷惑に思ってみえることでしょう。
( スミマセン。      m(_)m  )
 

「ユニクロ、Tシャツ>オオヤマネコ?」

 投稿者:Sugimoto.(管理者)  投稿日:2005年 6月12日(日)01時20分23秒
  どうでもよいことですが、少し前
「ユニクロ」http://www.uniqlo.com/
で売っていた、「パリセレクション」とかの、
「オオヤマネコ(もどき?)」のTシャツを愛用しています。
http://www.uniqlo.com/L4/getitem.asp?hdnItemMngCD=u35936&hdnLength=-&hdnColor=&hdnBasket=0&hdnTime=& hdnSize=005
 

「漫画アクション=第13号」に、「シートン=第2章 少年とオオヤマネコ その7 病人の巣」が、掲載!

 投稿者:Sugimoto.(管理者)  投稿日:2005年 6月11日(土)23時45分36秒
  待ってました!
(書き込みがおくれましたが)
6月7日発売の「漫画アクション=第13号」
http://www.futabasha.co.jp/?magazine=action
(双葉社 http://www.futabasha.co.jp/)に
「第2章 少年とオオヤマネコ その7 病人の巣」が掲載!

よくよく考えてみると、
子供が、主人公の 谷口作品は少ないですね。
「欅の木>林を抜けて」・「凍土の旅人>貝寄風島」と、
あと、単行本未収録作品1作と
「事件屋稼業」の1作に、あったっけ・・・・・。
・・・・・でも、内容は、みな大人向け。
 

Re.シートン>Macさん

 投稿者:Sugimoto.(管理者)  投稿日:2005年 6月10日(金)09時42分10秒
  はじめまして、Macさん。
そーですねー。
この絵で「シートン」描かれたら、たまらんですねー。

この「シートン」のすばらしさは、「あとがき」にもありますが、
「動物記」とちがって、シートン本人が、
描かれていることだと思います。

>谷口先生は山を描かせたら右に出る人はいないですね
山とか、自然とか、キャラクターの動きなどもスゴイですね。

貴サイト拝見。
「神々の山嶺」評も、なかなかですね。
また、書き込みよろしくです。

http://blog.livedoor.jp/makshima0321/archives/22832849.html

 

シートン

 投稿者:Macメール  投稿日:2005年 6月 7日(火)19時50分27秒
  はじめまして
シートンやっと手に入れました! なかなか縁がなく・・
いやー 魂がふるわされました 久々にすごい作品に出会いました
もともと『神々の山嶺』でファンになったのですが、『K』で加熱・・
そして今回ノックアウトされました
谷口先生は山を描かせたら右に出る人はいないですね
続きを楽しみにしています

http://blog.livedoor.jp/makshima0321/

 

「エベレストでユキヒョウ生息を確認、40年ぶりと」

 投稿者:Sugimoto.(管理者)  投稿日:2005年 6月 7日(火)00時02分59秒
  「CNNco.jp」http://www.cnn.co.jpに、
谷口作品単行本「犬を飼う」の中の短編「約束の地」に
でてくる「ユキヒョウ」のことが、
でていました。

http://www.cnn.co.jp/science/CNN200505240015.html

 

Re.「まっぷる」の取材を受けました>Nishioさん

 投稿者:Sugimoto.(管理者)  投稿日:2005年 6月 6日(月)23時55分56秒
  お久しぶりです!
いつも、情報ありがとうございます。

>昭文社の発行、7月に出る「鳥取」特集号
>郷土出身作家としてジローさんを紹介するそうです

そうですか!。わたしも、楽しみです。
また、地元の情報ありましたら、
よろしくおねがいします。    m(_)m

http://www.mapple.co.jp/

 

Re.谷口ジロ-先生にはまりました>マイカル鈴木さん

 投稿者:Sugimoto.(管理者)  投稿日:2005年 6月 6日(月)23時45分29秒
  はじめまして(かな?)、マイカル鈴木さん。
谷口作品の特徴の1つに、その「題材の豊富」さ、があります。
ぜひ、他の作品も読んで、
また、いろいろ読んで感想など、おねがいします。

「事件屋稼業」シリ-ズは、わたしも、大好きです。
 

「るるぶ」ではなく「まっぷる」でした

 投稿者:Nishioメール  投稿日:2005年 5月31日(火)20時19分22秒
  すみません。「るるぶ」ではなく「まっぷる」でした。ちなみに「るるぶ」はJTBの発行、「まっぷる」が昭文社の発行です。7月に出る「鳥取」特集号だそうです。失礼しました。  

「るるぶ」の取材を受けました

 投稿者:Nishioメール  投稿日:2005年 5月31日(火)16時14分50秒
  鳥取のNishioです。先日、旅行ガイド「るるぶ」(昭文社・発行)の取材を受けました。鳥取市周辺の観光をガイドした近刊で、郷土出身作家としてジローさんを紹介するそうです。ヨーロッパでの評価の高さについても宣伝しておきました。書店か図書館で見かけたら読んでください。  

谷口ジロ-先生にはまりました。

 投稿者:マイカルSUZUKI  投稿日:2005年 5月28日(土)18時43分22秒
  先日、読みました、谷口ジロ-先生の【事件屋稼業】シリ-ズかなり気に入りました、
主人公の深町の生き方、どうしても、70年代に出てくる、ハ-ドボイルド小説を砕いた男系で、良かったです。又、先生のほかの本読んでみたいと思います。
 

レンタル掲示板
/10