teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


歌伴に行ってきます。村上一郎

 投稿者:村上一郎  投稿日:2017年10月 3日(火)02時08分22秒
  「ロシア民謡歌声喫茶」(第14回)
主 催 アストライアの会
協 力 日本ユーラシア協会 日本セカンドライフ協会
ゲスト スラバァーニェの皆さん アコーディオン 村上一郎
日 時 平成29年10月21日(土) 午後2時から5時
場 所 豊島区イケビズ第3会議室(池袋駅西口徒歩約9分)
費 用 お茶代込み参加費2千円(後半はゲストと共ルにお茶会)
連絡先 TEL./FAX. 049(258)3218 松原まで
        メール info@asutoraia.com
備 考 出来るだけ事前申し込みをお願い致します。
 
 

楽譜について

 投稿者:茨城のベレー帽  投稿日:2017年 9月 4日(月)23時01分5秒
  よく「外国」でかってきました。リトアニアでは、「ビニ本」状態で本屋で、中が見えません。驚きました。「スマホ」楽譜が盗撮されるから。最近は、「アンサンブル・ミュージック」という「ネット・販売」で手に入れています。  

アコーディオンの楽譜

 投稿者:KNJ  投稿日:2017年 8月13日(日)09時08分33秒
  他の楽器に比べて楽譜が手に入りにくいです。皆さんどうされていますか。  

田ノ岡三郎の演奏を聴いた

 投稿者:苅込正敞  投稿日:2017年 5月25日(木)10時48分45秒
  いまNHKラジオを聞いていたら、「すっぴん」に田ノ岡三郎というアコーディオン弾きが登場している。自分で作曲した曲を弾いたり、楽器を説明したり、自分の演奏活動を話したりしているよ。こうやって聞くと味わいの深い楽器だ、なんて今更。  

歌伴に行ってきます。村上一郎

 投稿者:村上一郎  投稿日:2017年 5月12日(金)00時54分14秒
  「ロシア民謡歌声喫茶」(第13回)

主 催 アストライアの会
協 力 日本ユーラシア協会 日本セカンドライフ協会
ゲスト スラヴァーニェの皆さん アコーディオン 村上一郎
日 時 平成29年5月28日(日)午後2時から5時
場 所 駒込地域文化創造館音楽室(駒込駅北口徒歩2分)
費 用 お茶代込み参加費2千円(後半はゲストと共にお茶会)
連絡先 TEL/FAX 049(258)3218 松原
    メール info@asutoraia.com
備 考 出来るだけ事前申し込みをお願い致します。

 

江森教室発表会のお知らせ

 投稿者:村上一郎  投稿日:2017年 5月11日(木)01時22分56秒
  「江森登アコーディオン教室 第53回演奏発表会」のお知らせ


日 時 : 2017年6月24日(土)
      15:30 開場
      16:00 開演
終 演 : 19:30頃
      長時間になります。

会 場 : 成増アクトホール (東京・成増)
      東武東上線「成増駅」より 徒歩2分
      東京メトロ有楽町線「地下鉄成増駅」より徒歩5分

会 費 : 1,000円

問合せ先:村上一郎 090-2176-3862

 

新年会の写真

 投稿者:取手の住人  投稿日:2017年 1月24日(火)23時21分27秒
  新年会のメンバー懐かしい人が映っていますね。板さん、えっちゃん、悦ちゃんの旦那。私は、22日「新年会の弾き始め」の練習でした。「取手のベレーボー」でした。ごめんなさい。  

アコ伴奏のシャンソン喫茶

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2016年11月19日(土)14時26分43秒
  マリー・マルタン嬢とシャンソンをご一緒に
シャンソンは人生を歌い、愛の素晴らしさ、またその儚さを歌ってきました。フランス本国はもとより、特に日本で大人の観賞に耐える音楽として共感を得、今なお絶大なファンが全国に定着している現状は、驚嘆に値するものが有ります。
マリーさんによれば戦後シャンソンの黄金期の歌と歌手は今のフランスの若者も知っているが、今の歌はすぐに忘れ去られてしまうそうです。彼女も日本のカラオケでは、心の琴線に触れる昭和の歌が好きで、よく歌うそうです(日本語で!)。
弊会ではこの程、特設会場でシャンソン喫茶の復活を
(マリー・マルタンさん)       試み、スタンダードナンバーからフレンチ・ポップスを主に、現在本国で流行の歌も彼女に歌って頂きます。と同時に皆様にも一緒に歌って頂く曲をご用意し、ゲストを含めた参加者全員の方が楽しく交流して下さるよう願っております。

「フランス人ゲストのシャンソン喫茶」シャンソン・シリーズ(8)
主 催  アストライアの会   協 力 日本セカンドライフ協会
ゲスト  マリー・マルタンさん(シャンソン) アコーディオン 和里(わり)田(た)えり子さん
日 時 平成28年12月11日(日)午後2時から5時 (なるべく事前予約を!)      和里田さん
場 所 グロータス・インターナショナルスクール(池袋駅東口六つ又ロータリー交番の裏ビル4階)
費 用 お茶代込み参加費二千円
連絡先 TEL/FAX 049(258)3218 松原まで メールinfo@asutoraia.com

              マリー・マルタンさん紹介
              フランスのエクス・アン・プロヴァンス(南仏)生まれ。
                     リヨン第3大学他、横浜国立大学でも学び、英語、イタリア語、
日本語もマスター。十代の頃からシャンソン歌手として活躍し、
日本の語学学校でお勤めの傍ら、両国で演奏活動を続ける。

http://www.gilishya-shinwa.com

 

マリー・マルタンのシャンソン喫茶

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2016年 6月 4日(土)15時02分4秒
  マリー・マルタン嬢とシャンソンをご一緒に
シャンソンは人生を歌い、愛の素晴らしさ、またそのはかなさを歌ってきました。フランス本国はもとより、特に日本で大人の観賞に耐える音楽として共感を得、今なお絶大なファンが全国に定着している現状は、驚嘆に値するものが有ります。
マリーさんによれば戦後シャンソンの黄金期の歌と歌手は今のフランスの若者も知っているが、今の歌はすぐに忘れ去られてしまうそうです。彼女も日本のカラオケでは、心の琴線に触れる昭和の歌が好きで、よく歌うそうです(日本語で!)。
弊会ではこの程、特設会場でシャンソン喫茶の復活を試み、スタンダードナンバーからフレンチ・ポップスを主に、現在本国で流行の歌も彼女に歌って頂きます。と同時に皆様にも一緒に歌って頂く曲をご用意し、ゲストを含めた参加者全員の方が楽しく交流して下さるよう願っております。

「フランス人ゲストのシャンソン喫茶」シャンソン・シリーズ(6)
主 催 アストライアの会   後 援 日本シャンソン協会
ゲスト マリー・マルタンさん(シャンソン) 和里田えり子さん(アコーディオン)
日 時 平成28年7月10日(日)午後2時から5時 (なるべく事前予約を!)
場 所 千早地域文化創造館第三会議室 地下鉄有楽町線・千川駅3番出口より徒歩7分
費 用 お茶代込み参加費二千円(後半の時間はゲストを交えたお茶会です)
連絡先 TEL/FAX 049(258)3218 松原まで メールinfo@asutoraia.com

マリー・マルタンさん紹介
フランスのエクス・アン・プロヴァンス(南仏)生まれ。リヨン第3大学他、横浜国立大学でも学び、英語、イタリア語、日本語もマスター。十代の頃からシャンソン歌手として活躍し、日本の語学学校でお勤めの傍ら、両国で演奏活動を続ける。


http://www.gilishya-shinwa.com

 

江森教室発表会ご来場御礼

 投稿者:村上一郎  投稿日:2016年 5月15日(日)08時51分38秒
  2016.5.14(土)に行われました、「江森登アコーディオン教室 第52回演奏発表会」は無事終了いたしました。
ご来場いただきました皆様、応援していただきました皆様に御礼申し上げます。
有難うございました。
また来年もよろしくお願い申し上げます。
                                       村上一郎

 

レンタル掲示板
/43