teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 変異型ヤコブ病について(0)
  2. 変異型ヤコブ病の心配(0)
  3. ありがとうございます。(0)
  4. お返事有難う御座います。(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


母の日に

 投稿者:かおりん  投稿日:2018年 5月13日(日)19時08分16秒
  今日は特別な日ですね

そばに母がいなくても、感謝をする日ですね。

温かい気持ちになります。
 
 

母がなくなってから

 投稿者:  投稿日:2018年 5月12日(土)08時25分58秒
  お久しぶりです。母が昨年の8月28日にこの病気で亡くなりました。

そのあと、このコーナーが更新されるたびに、メールの受信欄に
「teacop.レンタル・・・」で始まるメールが届くわけですが、
他のメールとは、明らかに違う感情でその文字を見ている自分がいます。

メールを開き、身近な大切な方が同じようにこの病気を患い、病気に対するとらえかたや気持ち、亡くなった後の気持ちなど、恐ろしいくらい同じことに気づかされます。

不思議なことに、らんさんやさくらさんをはじめ、その他の方の気持ちを読むたびに、
同じ気持ちの人がいるとわかり、妙に心が軽くなる感じがします。
人の心って不思議なものですね。

母の仏前で、毎日、手を合わせて過ごしています。
だれにも辛かったこと、思ったこと、その後の気持ちなど、
話せません。話したいんですが、内容が重たいだけに、
話すことをためらってしまいます。
このコーナーだけが、唯一、気持ちを出せる場となっています。

話せる人が身近にいたらいいのにな・・・と、ときどき思います。

最近の自分の心の変化は、いろんな欲が薄なってきた感じがします。
人は、生きようと思って、生きられるものではなく、
生かされているということを、謙虚に受け止めようと思うようになりました。

日頃、健康でいられる自分が当たり前で、特にそのことを何とも思っていませんでしたが、
今、健康で生きられることは、とてもありがたいことで、
仕事も忙しくて大変ですが、働ける自分がいることもありがたいことで、
生んでくれた両親へ感謝しつつ、
与えられた生をまっとうしたいと思います。

母に会いたいですが、
母を悲しませない生き方をしていきたいです。



 

らんさんへ

 投稿者:さくら  投稿日:2018年 5月11日(金)22時55分23秒
  お返事、すぐに書いてくれたんですね。
ありがとうございます。
でも遅い時間ですね、らんさん、よく眠れてないんでしょうか。

私は日中、じっとしていられなくて、家じゅうの掃除や片付けなどしてずっと動いています。
じっとしてるといろいろ考えてしまうので。
だから夜は疲れ果てて寝付きはすごくいいです。

でも、眠りが浅いのか、よく夢を見ます。
このごろ少し、父や母が夢に出てきてくれます。
で、目が覚めた時、涙が出ています。
嬉しいのと、悲しいのと、混ざっています。

ここへの投稿も、自分のこととなるとうまく書けません。
書きたいことはたくさんあっても、まとまりません。
やっぱり、会って直接話すのがいいですよね。

グリーフケアのカウンセリングを見つけました。
でも...
初回90分、15,000円
2回目以降 60分 10000円
などと表記されていました。
うーん、時間と金額が気になって話に集中できないかも...
なんて、考えてしまいました。(笑

ならば、グリーフケア、
とまではいかないかもしれませんが、
自分たちでそんな集まりを企画してもいいかもしれませんね。
会いたいですね。
 

さくらさんへ

 投稿者:らん  投稿日:2018年 5月10日(木)01時37分49秒
  わかります。凄く凄くわかります。
グリーフケア  私も探しています。
なかなか関西にはなくて。

きっと、さくらさんに会えるのが1番いいのかもしれませんね~~。いつか会いましょうね。

月日は流れるけれど、落ち着いたかな?と知り合いは
声をかけてくれますが
もちろん、表面上、落ち着いてきましたと言いますが

何が落ち着くんでしょうか?
買い物に行っても、何を食べても、何を聴いても
何をしても、辛い時が多すぎて

泣ける時はまだいいのですが
泣けない時が辛いです。

もちろん、月日が流れ、立ち直って行くんだろうけど
今の私には  それはわからないので。
なかなか私には理解できません。

母への愛情が強すぎて  どうしたら良いのかわかりません。
イベントも 辛すぎます。

今、闘病中の方にアドバイスもしてあげたいのに
毎日、このサイトは何回も何回もクリックするのに
何も言ってあげれなくて、すみません。

いろいろ 話せる時が来たら良いのですが。

 

らんさんへ

 投稿者:さくら  投稿日:2018年 5月10日(木)00時11分36秒
  お気遣いありがとうございます。5月2日には、ちょうどらんさんの事を思い出していました。多分、これからも月命日には思い出して、らんさんのお母さんにも手を合わせます。
私は、まだひどい喪失感に襲われています。でも、人に迷惑を掛けたくないので平気なふりをしています。それでも、突然、何かがきっかけとなって悲しみに襲われてしまい、涙が止まらなくなってしまいます。それは、どこにいても起こるので、自分でも困ります。
日が経つにつれて、いろんな事を思い出してしまい、ますます悲しみが深くなっていきます。
今の時期は母の日と父の日が近づき、それも辛いです。

正直な気持ちを話せる人が身近にいなくて、この掲示板に書くことも救いになりますが、今は直接話しを聞いてもらいたくて、グリーフケアなどのカウンセリングを探しています。いつまでもくよくよしていたくはないので、自分でも楽しみを見つけようと頑張ってはいるのですが…
 

反応させるために

 投稿者:あきらめない心  投稿日:2018年 5月 6日(日)18時11分42秒
  さくらさん、ご返事ありがとうございました。
少しばかり身体の調子を崩してし、お礼の言葉が遅くなりすみませんでした。

妻の病院へ介護に行くのに、片道1時間半かかるので一日置きにしか行けません。
最近の妻の身体は無動化の状態は変わりませんが、顔の表情は柔らかくなり眼の開く時間が
少し長くなり、何かと話しかけ反応を確認しています。

時には,神社で買った御守りのお香の匂い袋を鼻の近くで嗅がせたり
少し多きめの鏡を、本人の顔がよく見える様にしたりして・・・
首、頭、背中、腰、足首、ふくらはぎなどを擦る様にマッサージしたり
病院のベッドの傍らにいます。いつも無表情の家内の顔ですが、一瞬顔がホコロンだ顔になるときがあります。

今年の夏は,暑くなる様な感じがしますが、介護に疲れない様に頑張ります。
 

こんばんは。

 投稿者:らん  投稿日:2018年 5月 2日(水)19時31分57秒
  皆様、ご無沙汰しています。

母へのお悔やみの  お言葉頂いたままで
すみません。本当にありがとうございました。

また、少しずつ  こちらに来れたらなぁーとは
思っております。


さくらさんへ、   お身体  大丈夫でしょうか?
眠れてますか?食べれてますか?
私も体調を崩したので  心配しています。

今日は  私の分も、お母様に 手を合わせて頂けますか?
宜しくお願いします。

私は  まだ  あんまり眠れませんが、何とか頑張っています。
 

きよさん あきらめない心さんへ

 投稿者:さくら  投稿日:2018年 4月21日(土)23時52分7秒
  きよさん、あきらめない心さん、初めまして。

きよさん、
お気持ちわかります。私も主人に対して、最初の頃は病気に関する知識の無さからくる言動にイライラすることがありました。
でも、次第に病状の深刻さに気付き、私のしたいようにさせてくれました。
もしかして、きよさんのご主人はまだ今の状況がきちんとのみ込めていないのではないのでしょうか。
そのうち理解してくれるのでは… とはいえ、そのセリフはひどいですね。
私なら完全にキレてます。
でも、そう言われたなら遠慮せず、きよさん一人で毎週末お見舞いに行って、親子水入らずの時間をゆっくり過ごしたらいいんですよ。
無理してご主人を連れていかなくても。
(私はどちらかというと、母と二人きりで過ごせる時間のほうが嬉しかったです)
私はこの1年を経て、病気の人を心配したり思いやる気持ちや行動は、本当に人それぞれだということを学びました。
立場や状況が違えば、気持ちも行動も違う。
それを責めることはできないし、自分と同じように思ってほしいと要求もできません。
自分は自分の気持ちに正直に行動するのみですね。

あきらめない心さんへ
5年もの闘病生活、辛い日々だと思います。
本当に奥様は頑張ってくれてますね。
きっと奥様は、あきらめない心さんと娘さんがお互い協力し、励まし合って看病している様子を感じて頑張ってくれているんですね。
失礼な言い方になってしまうかもしれませんが、うらやましいです。
私は父が生きていて、一緒に母の看病をしてくれたらどんなに心強かったか…と何度も何度も思いました。
たとえ無動無言状態でも、目を開けてくれること、呼吸が聞こえること、手のぬくもり、大きなあくび…どれも生きている証、いとおしいですよね。
「あきらめない」という気持ち、わかります。少し前の私の気持ちそのものです。
長い闘病生活でお疲れのこともあると思います。
ご自身のお身体も大切にしてくださいね。
 

きよさんへ

 投稿者:かおりん  投稿日:2018年 4月21日(土)16時39分28秒
  こんにちは。かおりんと申します。投稿、拝見しました。お気持ちお察しします。
相談会で、患者家族の方のお話を伺っていると、家族兄弟あれど、ひとりで抱えて対応していらっしゃる方は少なくないように思いました。
頼る人がいないケースも多いと思います。
最初のうちは特に、病気の実態がわからず、孤独感でいっぱいですよね。イライラやもどかしさ、仕事を休まねばならない申し訳なさ、職場の人や兄弟にどうなの?と聞かれ、自分でもわけわからんのに説明しなけりゃならないという困り感、などなど。なんで?なんでこんなことに?って感じ。医者ですらはっきりとしたことをすぐに言ってくれませんしね。
私も2015年の2月末から母について病気の進行を見守り、2016年10月に見送るまで大体ひとりでこなして来ました。
幸い、病院の主治医、スタッフの方の献身的な看護に救われ、なんとか乗り越えて来たなあ、というのが本音です。また、母が亡くなったあとの喪失感は、この掲示板が癒してくれたように思います。まだまだ涙がこぼれますが。笑

なかなか弱音は吐けずに前へ進まねばならないお立場だと思います。だからこそ、わかってくれそうな人に話してください。といっても、慰めにもなってないような気がしますが。すみません。それしかないんだと思います。みんなわからないから。

ぜひ、この掲示板で悩みや困っている気持ちを話してみてください。相談員の方も、そして、いつもこの掲示板を見ている人たちもきよさんの味方ですよ。
体に気をつけて。
いつかだんなさまの理解が深まりますように。
 

さくらさんへ

 投稿者:ぷいママ  投稿日:2018年 4月18日(水)16時11分35秒
  あぁ、いよいよ来てしまったのですね。

さくらさんは、ご自身も辛い立場であるにも関わらず、私達を励ましてくれました。

本当に感謝でしかありません。

さくらさんをこのような人物に育ててくれたお母様はとても素晴らしい人に違いありません。

心よりご冥福をお祈りします。
 

レンタル掲示板
/102