teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


4月の予定

 投稿者:佐藤みどり  投稿日:2017年 4月 5日(水)21時53分24秒
返信・引用
  4月の予定ですがDezz から返事が来てやっと決まりました。
4/7  Abdel, Kolby
4/14 Abdel, Dezz
4/21 Karen Dezz
4/28 Gareth Kolby
です。よろしくお願いします。

添付写真は,身延山のしだれ桜です。
 
 

今日のガレスのレッスンの参考

 投稿者:佐藤みどり  投稿日:2017年 3月31日(金)14時16分57秒
返信・引用
  総合学術雑誌『ネイチャー』3月22日付によると、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)のマーク・R・ルーニー教授の研究チームは、動物の血液のなかにある血小板の半分以上は、肺から供給されていると発表。また、肺には造血幹細胞が蓄えられており、骨髄が損傷したとき、造血を助ける役割を果たしているという。

「肺は呼吸器であるだけでなく、造血において非常に重要な働きをしていることを示した」
 ルーニー教授は、偶然、肺の血管内部に大量の血小板を生成している巨核球(直径35~160μmの骨髄中最大の造血系細胞)と各種造血幹細胞を発見したという。これまで、巨核球は主に骨髄の中に存在しており、骨髄内で血小板の産生プロセスは完了していると考えられていた。

 今回、研究チームは、生きているマウスの肺の巨核球の動きのなかで、血小板を生み出していることを確認。1時間当たりの血小板の産生量は1000万個以上で、体内の半分以上に相当する量だった。これは、マウスの血小板を作る主な器官は骨髄ではなく、肺であることを意味している。

 また、マウスの肺移植実験によると、肺内部の巨核球は骨髄から肺にたどり着いたもので、肺の造血幹細胞は、骨髄が損傷を受けるとその造血能力を回復させる役割を果たしていることも明らかにした。

 ルーニー教授によると、肺の中に造血幹細胞が存在することを確認したのはこの研究が初めて。

造血幹細胞はこれが,血液中の様々な細胞、赤血球、白血球、血小板など,に変化するもとの細胞です。
 

ダグラスの本

 投稿者:佐藤みどり  投稿日:2017年 3月28日(火)21時14分5秒
返信・引用
  以前ECC で教えてくれていたJimからメールが来ました。
Douglas とJimの本、TokyoNight の出版記念会のようなものがあるみたいです。お時間のある方はぜひご出席くださいとのこと。
Free Cultureは 所在地: 〒251-0052 神奈川県藤沢市 藤沢556 藤沢 556 辰己 ビル 1 階
電話: 0466-26-4880 レストラン,またはダイニングバーという分類になっていました。
以下彼からのメールです。
Hi Midori,
Still very hard here but just to let you and all the class members who knew Doug-there will be a launch for the book in Free Culture in Fujisawa this Sunday from 4-6pm. I will be reading from the book and the novel will be on sale. So, if you could pass on the news would be wonderful and if any of you can make it, even more so.
I am back in Fujisawa. Hated Shinjuku!
Hope you are fine and doing well Midori.
Love Jim

なお,4月の予定表はこの前の投稿に載っています。
 

4月の予定

 投稿者:佐藤みどり  投稿日:2017年 3月28日(火)13時38分47秒
返信・引用
  4月の予定はまだ決まらないのですが,とりあえず4/7はAbdel とKolby です。14日がAbdel 以外決まらなくて,ほかの先生方も4月に学校が始まらないと予定が組めないので決められるのはギリギリになってしまいます。すみませんが了解ください。以下は分かったところです。

4/7 Abdel, Kolby
4/14 Abdel, ?
4/21 Karen, Kolby or Dezz,
4,18 Gareth, Kolby or Dezz,
 

,3月の予定です。

 投稿者:佐藤みどり  投稿日:2017年 2月28日(火)20時27分24秒
返信・引用
  遅くなりましたが,3月の予定です。ガレスが急に来れなくなり一部変更しましたがそれでも17日はまだ見つかりません。決まったところだけです。
3/3 Gareth, Abdel
3/10, Kolby, Dezz
3/17Karen,?
3/24, Gareth, Abdel
3/31, Gareth, Dezz.
それと,ボーナスは各先生方最後の日に謝礼と一緒に渡したいと思いますがよろしいでしょうか?
 

ガレスはお休みです。

 投稿者:佐藤みどり  投稿日:2017年 2月22日(水)22時35分23秒
返信・引用
  ガレスから次のようなメールが来て今度の金曜日には来られないとのこと。皆さんにくれぐれも申し訳ないと言っていました。代りの先生はいろいろ探していますがまだ見つかりません。いつもはアブデルに頼むのですが,カレンの日なのでそれも出来ず,Kolbyは都合が付かないとのこと。様子が分かり次第また連絡します。

Thank you for last Friday, it was nice to see you all.
For this Friday (the 24th), unfortunately I have to cancel... we just found out that the baby has turned around and is facing the wrong direction, so we're trying to turn it around. Some of our friends have said that acupuncture works, so we've booked a session, but the only time available was Friday night.

Also for March, I can't come on the 17th - we have a final meeting at childcare. I'm available to come any other Friday in March, however.

Sorry about this Friday - please pass on my apologies.
I hope the baby decides to turn around soon!!

Best always,

Gareth
 

2月の予定決定。

 投稿者:佐藤みどり  投稿日:2017年 2月 3日(金)09時28分7秒
返信・引用
  ガレスからの返事がまだ来なました。以下OKです。
2/3, Dezz, Gareth
2/10,  Kolby, Abdel
2/17, Gareth Dezz
2/24, Gareth, Karen
よろしくお願いします。
 

2月の予定

 投稿者:佐藤みどり  投稿日:2017年 2月 2日(木)08時51分0秒
返信・引用
  ガレスからの返事がまだ来ないので確定ではないのですが,2月の予定です。明日の分は確定です。
2/3, Dezz, Gareth
2/10,  Kolby, Abdel
2/17, Gareth Dezz
2/24, Gareth, Karen
よろしくお願いします。
 

スミちゃんからメッセージです。

 投稿者:佐藤みどり  投稿日:2017年 1月19日(木)16時35分52秒
返信・引用
  夜、家をなかなか、空けられず復帰も難しいですが、いつか再開できたらなぁとおもいます、ご無沙汰していますが皆さんにもどうぞよろしくお伝えくださいませ。
とのことです。

先日道でばったりあったときはとてもお元気そうでした。
 

今週のガレスのレッスンです。

 投稿者:佐藤みどり  投稿日:2017年 1月17日(火)21時20分52秒
返信・引用
  先週ガレスのプリントが分かりにくいとありましたので,分かる範囲で訳してみました。違っているところもあるかと思いますが,参考にして頂ければありがたいです。ご自分で読まれて賛同出来そうなところをピックアップして頂き,あるいは全く別に資本主義と社会主義の善い点問題展についてご自分の意見をまとめて頂ければと思います。
番号はプリントのまま、資本主義賛成 と 反対の順です。

1)人間社会や世界と動かしている原動力は競争である。人の本性は利己的で競争を好むのでこの本能を利用して我々は種として生き延びて来た。資本主義はこれを認識し,開かれた競争市場で成功を収めた。資本主義はいわば適者生存の経済社会版である。
1)自然も人間界も、競争だけではなく相互協力によって成り立っている。自然界でひとつの種族はお互い助け合うことによって繁栄して来た。そこで大事なのは個人個人ではなくグループである。社会主義は、個人個人で厳しく競争して生き抜く社会より、平等で相互協力して行く社会を提案している。

2)資本主義は、富の形成や経済成長をもたらすのは社会ではなく個人であるとしている。人々の努力が自然界のものを商品価値のあるものに変え、また価値のあるサービスを生み出す。
人々の勤勉な労働は報われるべきであって,懲罰的な税金をかけるべきではない。
2)資本主義者の言う「人は自律出来る(他人に依存しない)」と言う話は,私たちにいわせれば神話である。私たちは,まず始めに両親に依存し、家族、社会,教育や産業,技術や農業に依存している。全く人と関わらなければ人は数日しか存在出来ない。私たちは皆他を信頼し,他に責任を持っている。利己心や競争をかき立てることは、私たちの自然なつながりや,その発展する可能性を破壊してしまう。

3)起業家や資本家等の努力に寄って利益を得ているのは彼ら自身だけでなく,その下で働く人や仕事をもたらされる人も同様である。海外からの投資を呼び込んだり,事業に成功している人は、既に社会に富や雇用、良い労働条件などをもたらしているのだから,彼らの個人資産をさらに再分配する事を要求するべきではない。
3)金持ちが金持ちなのはただ,彼らがより自分たちに利益をもたらす選択をしたからだけではなく、彼らが既に,その選択とは関係ない沢山の特権を与えられているからである。社会的地位(その結果もたらされる十分な教育や,産業界で良い契約を取れること,さらに健康など),そして強さや,知性や勇気と行った特性は生まれた時から与えられているものである。人は勤勉に働けば成功するのではなく、そうした資質を持ってそういった環境に生まれた人だけが成功するのであってつまり、不公平であり、そのような特権は一部の人たちだけに与えられるべきではない。

4)社会主義では権利意識と福祉への依存を強調している。一方資本主義では産業の育成と発展を強調している。資本主義社会では,勤勉に働き工夫,努力すれば報われるので、人々はやる気になる。一方社会主義社会では,国がすべてを与えるので勤労意欲が低下し、市場は縮小し,競争と淘汰の原理が働かなくなる。
4)社会主義は完全に勤勉に働く事や,創造性,発展性と両立する。協調の概念は適正に働き,誰もただ怠けたり、ほかの人の仕事のただ乗りをしたりはしない。その上,人々に基本的な生活保障をすることに寄って,芸術的、科学的な分野でリスクのある挑戦をする余裕ができ,結果社会に大いに貢献する。

5)純粋に経済的に見て,自由競争だけが独占に対抗する手段である。競争不在で国家がすべて執り行うなら、効率が悪く、無駄が多くて官僚的となり,消費者が受けるサービスは高価で質の悪いものとなる。
5)国家経営の医療や教育サービスのように大規模な産業は小さなものより効率的である。
社会主義イデオロギーと矛盾しない第3の道もある。それはある程度の競争を認めるが根幹となる部分については国がコントロールするというものである。

 

レンタル掲示板
/50