teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


オツカレー

 投稿者:  投稿日:2012年11月23日(金)00時16分16秒
  カレーのような気がしてしまいますが、正確には「お疲れさま~」です。
今年もよく頑張りました!
今ごろ盛り上がって飲んでるかな?
このあとカラオケかな?←まだ歌うんかい!


私はといえば、なぜか一曲めから涙腺ゆるみまくりで、蛇口をひねったようにぼろぼろ泣けてしまいました。
更年期なお年頃ですね♪

感動のあまり思わず「明日死んでもいいか。」という気になってしまったぐらいで、これはやっぱりおかしい。


で、帰りにタクシーを使ったのですが、端数の10円を払う時に、十円玉がなかったので一生懸命5円玉と一円玉をかき集めて払ったら

「これはいらないいらない。」
と押し返されてしまいました。

私何かすごく不粋なことしたんでしょうかねえ…。
 
 

小○林家(伏せ字になってない)

 投稿者:  投稿日:2012年11月 3日(土)23時36分22秒
  はい、ラーメン屋レポートです。

先月のこと、娘と夫と3人で、ミソラーメンで有名なココへ行きましたら、

娘が半泣きで
「もうココへは来ない」
と言います。

理由は

顔中ヒゲだらけのクマ店員が数人いたことと

その人たちが餃子をお皿に出す時にちょちょっと手で整えて、
その手をエプロンでまたまたちょちょっと拭いていたのがカウンター越しに見えたことと、

客質が悪くて一緒の空気を吸いたくない…

ですと。


クマ店員は私もイクナイと思った。
食べ物関係は体毛にうるさくて全部剃り上げろというお店もありますよね。


食べ物を触った手をエプロンで拭くのはアフガニスタン風?(意味不明)


客質はね…しょうがないですかね田舎だから。
大体どこのお姫さまなんだうちの娘は。


でもホント、ミソを売りにしてる割にはそれほどでもなかったの…(涙)。

日高屋に行くのが間違いないかな…。
 

山手のドルフィンは~

 投稿者:  投稿日:2012年10月 9日(火)16時59分38秒
  最近ソーダ水でゼリーを作るということがあって、思わず口をついて出たのが
「山手のドルフィンは~」という歌。

「ソーダ水のな~か~を 貨物船がと~お~る~」

と機嫌よく歌っていたらば。

夫が今までこの「貨物船」を貨物「線」だと思い込んでいたことが発覚。

彼が言うには、根岸にはかつて貨物専用の線路があったのだし、大体ドルフィンというものがあるあたりからは海なんか見えないはず、とのこと。

浜っ子の夫が言うので、なかなか説得力はありましたが、歌としてはソーダ水の中を走るのは貨物列車じゃあないですよねえ。

さて、件のドルフィンとやらは、いまだに予約しないと行けないようなお店なんでしょうか。
行ったことがないので冥土の土産(?)に行ってみたいような、
でもなんだか一生縁がなさそうな、
行く相手もいないような、
そんな気がしています(いつになく気弱)。
 

ちょっと涼しくなりましたね

 投稿者:ぼよよん太郎  投稿日:2012年 9月26日(水)12時23分32秒
  朝晩は急に冷えたりして、ちょっとびっくりのこの頃ですが、お風邪など召していませんか。

私の最近の変化といえば、歴代の天皇、神武から昭和まで125代をスラスラと言えるようになったという、なかなかレアな特技を身につけたことでしょうか。

高3の娘が日本史選択で、あれこれ手伝っているうちに、天皇の名前を覚えたらいっそのこと便利だわと思ったのがきっかけです。
実際、九九のように有効に使えれば戦力になる気がします。
って私が便利がってどうする。
ま、忘年会の一発芸ぐらいにはなるのかなあ…。


あと今週の「梅ちゃん先生」を見てて思うこと。

…ヒロシ君うざい(笑)。

製薬会社から日参してくるヒロシ君を見てると、

うちに来る置き薬の青年を思い出してイマイマしくなるのです。


大体、テレビCMでは

「…年に二回の お元気で、す、か~?」

と歌ってるのに、

うちには年4回も来ちゃうんだよ!!多すぎだよ!うざいよ。
で、ここ何年もそこのお薬は使ってないから撤退してもらおうと思って、そう言ったのに

「今日は退会手続きの書類を持ってませんので。」

と帰ったっきりもう3ヵ月…(-"-;)


早く書類持ってこいや~。


ひょっとしてこれから「年に二回」になるのか~?
 

そんなわけで

 投稿者:ぼよよん太郎  投稿日:2012年 9月10日(月)00時41分5秒
  息子、免許が取れました。
マニュアルコースで17日間。
早っ!


合宿の最後の方で、オリンピック卓球のM谷(伏せ字意味なし)が教習所にやってきて入学したんだとか。
そういうのを聞くと、ほほ~、知る人ぞ知る教習所なのだなあということがわかりますね。


その後、二俣川で本試験を受けて、合格を確認し、免許交付までの長い待ち時間、何をしていたのかというと



初めての献血。


ごほうび(?)はスポーツドリンク、野菜ジュースの
その場飲み放題と

絆創膏と
歯磨き粉。


私たちの頃はオレンジジュースかトマトジュース一本だったのに…。


どうにかお役に立てたみたいなので、また来週あたりに献血してみたらと言ったら



ヘモグロビンがもとの数に戻るまでやっちゃいけないんだそうで、
次回は早くても4ヶ月後なのだそうです。


そうかー。
昔はオレンジジュース飲みたくなると献血してた人とかいたけどなあ?(ほんとかー?)


で、今までO型だと思っていたのが実はA型だとわかったので、私は途端に彼のだらしなさが許せなくなったのでした。


で「A型だったんだから部屋きれいにしなさい!」
とか言っちゃって、
これは自分でもヘンだと思うんですけどね。

でも本人もA型らしくしなきゃと思ったのか
その後1ミリだけ几帳面なところを見せるようになりました。

おかしいだろ…。
 

静かです

 投稿者:ぼよよん太郎  投稿日:2012年 8月23日(木)02時10分42秒
  息子が合宿に行ってから早一週間。
もっと寂しいかもと思っていたのに、全然寂しくないどころかすがすがしいったらありゃしない。
ま、それだけ毎日親子で葛藤してたってことですね。

それと、家の中が汚れないし、何しろお部屋がニオいませんの。
在宅の時はプンプン臭いましたのよ体臭が。
どんだけマーキングしてるんだ息子。


詳しくはいつかお話ししようと思いますが、子育ては神の采配、息子は私の理想通りにはなりませんでした。

本当なら今頃は将棋部で活躍して新聞の隅っこに学生名人として名前が載っちゃったりして~…と夢見ていたのに、

実際にはなんとアカペラサークルに入って、それもベースなんてやってて
日々ぱーすかぱーすかどぅどぅどぅわっぱーぱっぱやぱっぱやっぱっぱっばやっ!
とかやってるからアタマきてアタマきて、もうね、どこかのアカペラーの呪いかと思ってしまっつ。

今日も携帯から頑張って書きました。と。よし!
 

そろそろ疲れたな…

 投稿者:  投稿日:2012年 8月11日(土)23時55分6秒
  オリンピックまみれの毎日も明日で終わりますが、ほんと毎日疲れました。
ただスポーツを観賞するだけでなく、勝った~負けた~が付きまとうのはやっぱりちょっとしたストレスですよね。

競技にも花形がある一方、日の当たらないのもあるし。

娘が
「体操だ水泳だサッカーだ~ばかり放送するのはよくない。
馬術の法華津さんにも光を当てないと。」
と気にしていました。

ほけつさんは漢字で書くと法華津さんで、かなりのお家柄らしいけど、私はいつも

「レギュラーなのにほけつ…」

とつぶやかずにいられません。
私だけじゃないと思うなきっと…。

そうそう。さっき見てた競歩も、ちょっとオマヌケでしたよ。
歩いてるはずなのに、走ってるみたいに速いから実況が毎度言い間違える。

「トップを走っている○○が…いや歩いている○○が…」

また、コースをぐるぐる往復する競技なので、何周目かわからなくなっちゃった人とかいるのね~。
選手自身が「あ?もういいの?ゴール?」と言ってて、実況も
「○○はゴールしていいはずです。たぶん…。」

とか言ってるし。
たぶんて何だよ。


さーて、マラソンはどんなかな~?
 

元気~?

 投稿者:  投稿日:2012年 8月 3日(金)02時24分13秒
  きっとももちゃんは今ごろテレビにかじりついて女子体操なんかを見てるんじゃないかと思います。

コマネチ世代だったからな…。

あう。ロシアの女の子が泣いてます。金メダルじゃないからだって。

この頃のコスチュームはラメラメが多いね~。メモメモ。


日本の女子体操も昔のこと思えばずいぶんよくなったな~と思います。

あの頃は、岡崎さとこさんしかいなかったし…そのさとこさんも今はまだムショにいるんじゃなかったっけか…

なんて話をしたら娘がゲラゲラ笑ってました。

オリンピック行ってムショに行くってなぁ…いや、麻薬は怖いってことですわね。
 

尾道ラーメン

 投稿者:  投稿日:2012年 7月26日(木)00時02分7秒
  …だからこういうのはラーメン板に書きなさいってか。


先日、桜木町のにぎわい座に行く用事ができて、以前ももちゃんに連れて行ってもらった尾道ラーメンを再び訪れました。

希望すればただで白いご飯がつくんでしたね。

実際には白いご飯どころか、普通盛りのラーメンをやっつけるのにもやっとこさっとこで、
「もう年だわ。」
と思わずにはいられませんでした。

細かく浮いた豚の背脂ももうダメ。
あれから10年近くたったけど味が変わったんだろうか?

でもホロホロの焼き豚3枚は相変わらず健在で、それは嬉しく頂きました。


それにしても桜木町に降り立って音楽通りに出た時のぐわん!とした悲しみはどうしたことでしょうか。

あの、あなた方の歌を聴くためだけに無心に音楽堂に向かった日。
あんな日は二度と戻ってこないのだと思ったら、ワッと泣き出したい気分になったのでした。

さて、土用の丑が近づいてますが、うなぎ入手は無理かな…。普段うなぎなんかあまり興味がないのに、いざ高騰ということになったら無性にほしくなるのは何ででしょうね。
 

さとぴょんさんに会った

 投稿者:  投稿日:2012年 7月15日(日)21時51分34秒
  今、お盆で帰ってきてるのかな?
ウチの方ではお盆は8月中旬なのですが。

さとぴょんさんの夢を見ました。


そういえばお見舞いに行かないままだったなあと反省しつつ、病室についた私。
うつらうつらしたさとぴょんさんに、何をしてあげようか、何を話してあげようか、と迷った末、

そうだ、足を揉んであげたらいいかも、と思いついて。

「私のすることじゃないけどな~?(失礼いたします)」と思いつつも、しばらく足揉みをしてあげたら、喜んで、
昔女の子にもてた話なんか得意げにしてて「さすがさとぴょんさん」と思ってたんだけど、ふいに

「いてーよ!」と文句を言われまして。

気が付いたら、あるはずの足がないのでした。

で、あ、そうか、あちらの人だから足、なくなっちゃったんだなあと納得したという…。



…我ながらシュールな夢だなぁ。

でも、私が夢を見ることってめったにないので。
やはりこんな形でも会いに来てくれて少しほっとしたというか、感謝しています。
いや、ほんとに私の立場では何か言える資格なんかないけれど。
 

はっっ

 投稿者:  投稿日:2012年 6月24日(日)01時41分55秒
  こちらを放置している間に早2週間!\(+×+)/

台風の日に夫がぎっくり腰になっちゃって大変でした。

ハリが効くというのでタウンページで調べて近くの治療院に行きましたが、あまり効かないので翌日、違う治療院に行きました。

その後、先生に教えてもらった「ぎっくり腰体操」を家でやっていたら、ボキボキボキって音が鳴って、治ったと言ってます。

ではまた。
 

いいなあ…

 投稿者:  投稿日:2012年 6月11日(月)00時49分30秒
  娘は食欲の鬼で、毎日食べまくってるのに、何だかこの半年で2.9キロも落ちてしまったんだとかで、BMIが17を切ってしまったんだとかで、数字の下にピッピッと赤線引かれて保健室の先生と内科の先生からガンガン怒られたんだって。

「もっとお肉食べなさい!」
「しっかりご飯を食べなさい!」

と言われたと言ってたけど、いやあこれ以上食べたらヤバいよね…。

しかし羨ましい。


そういえば私も高校生の頃、痩せすぎ痩せすぎって言われて(妬まれて)たことあったなぁ…。


娘も30年後にはこんなんなっちゃって、誰にも痩せすぎとは言われなくなって、万年ダイエットにイライラすることになるのかな~かわいそうにね。

なぜ娘は痩せていくのだろうと考えるに、受験ストレスみたいなものもあるかな。
あとダメ彼氏に疲弊してるとか←勝手な妄想

しかしこのままでは、猛暑でまた食欲が落ちるし、受験が刻々と迫るにつれてまた食欲が落ちるしでますます痩せに追い込まれ、私の立場が厳しくなるなと。

あ、大学生協によくあるプロテイン大袋飲ませるかあ←不味すぎて無理だろ
 

内緒にしてて下さい

 投稿者:  投稿日:2012年 6月 5日(火)17時04分42秒
  携帯から手短に書きます。


通ってるお料理教室でよく一緒になる奥さんは、出来上がったお料理をほとんど食べずにタッパーに詰めて持ち帰ります。

それはいいんだけど、言い訳がさ、


「たくさん過ぎて食べられないわー。」

って言うのね。


でもその奥さん、普通の人の倍ぐらいのぽっちゃりさんなんだよ。


なんだよ~。
じゃあそのぽっちゃりはどうやって製造したんだよ~、


って言いたくてしょうがないんだけど黙ってるという私を大人として認めて下さい(>_<)


ま、昔からぽっちゃりさんのお弁当箱に限って小さいっていうのは見てきましたけどね。

でも本当に「多くて食べられない」のかなあ…。
 

洗濯地獄

 投稿者:  投稿日:2012年 5月24日(木)16時23分40秒
  友達の息子さんの話です。

息子さんは地方の大学に進学して2年目。
一人暮らしで自炊生活ということになっています。

先日初めてご夫婦で息子さんのアパートを(留守中に!)訪ねたら、
部屋は予想以上の惨状だったとか。

部屋の真ん中に洗濯物の「塚」ができているのだが、それは洗って干して取り込んだものなのか、これから洗う汚れ物なのか、不明。
多分、両方なんだけど、その境目はどこにあるのか状態。

それとは別に、「干そうと思ったのだが時間切れで仕方なく放置した」らしい生乾きの洗濯物の塚がある。。。
残念ながらそれは生乾き特有のニオイを放っていたので、
こりゃあ洗い直しだなあ、
かわいそうだから私が洗っといてあげよう、と友達が洗濯機をあけたら、

洗濯機の中には、「洗い上がって干されるのを待っている状態」の洗濯物がうずを巻いて鎮座ましましていたそうな。

さて、この場合、どこから手をつけたらいいかな…。


そういえば、先日電車で隣り合わせになった大学生らしき少年がやはり「生乾き少年」(なんだそれ)だったのだけど、自分のシャツをくんくん嗅いで
「くさいかな。。。」
と友達に言っていたなぁ。

友達は気を遣ったのか「べつに」と言っていたけど、おばさんは

「ものすごく臭うよアンタ」

と言いたかったです。


うーん。やはり一人暮らしの男子にとって洗濯は難関だ。
せめて乾燥機を買うと違うんじゃないかな。
天日干しはムリだよね。
 

その後

 投稿者:  投稿日:2012年 5月 9日(水)14時05分27秒
  はいこんにちは。ぼよよん太郎です。

父のその後のことをご心配いただいているので、さくっとご報告だけ。

一般的に前立腺肥大の術後の入院は一週間だとのことですが、実は最初の3日間ぐらいは身内からみたら危なくて「どーしよ、どーしよ。」という状態でありました。

体にメスを入れたわけではないので、その日の夕方から食事が出たらしいのですが、匂いをかいだだけでつわりの人みたいにウッとなって食べ物を受け付けなかったとか。
その後、そんな感じで病院食を拒否し続け、飲まず食わずで3日間。
副反応で熱が出るやら、血圧が下がるやら、家族としてはハラハラな日々でした。

しかし病院側の言い分は
「もうどこも悪くありません。退院の日がきたら何が何でも退院してくださいね。」という、こちらの心配とはかけはなれたもの。
この食い違いはなんだったんでしょうねえ?

とにかく一度病院まで来てくれというオタオタした母の電話で
私は、玄米スープと新たまねぎのポタージュ、小豆を塩で煮たものを作り、持っていきました。
ちょうど状態も落ち着いた頃だったのか、玄米のスープを「・・・おいしい。」といっておかわりしてくれた父の姿にほっと一安心しました。

この玄米のスープというのは、重病人を救うとして割と知られたレシピだと思います。が、やっぱり多少手間がかかります。
玄米をざっと洗ってから6時間以上ざるに上げておき、それから乾煎りを40分ぐらいして、昆布と梅干と5倍量の水を加えて数時間煎じ、少々の塩を加えてその後漉す、というものです。
考えただけで時間がかかりそうでしょ。
思い立ってすぐできる、という性質のものではないので、せっかちな母は、配偶者の状況が深刻なのにもかかわらず、


「…私にはできないわー。」

と言いました。

そうなのです。身内に重病人がいても、「手間隙かかるから・めんどくさいから」という理由で病人の気持ちに添った食事が作れない、という人は存在します。
その上、医食同源というようなことに無関心だとこのような↓ことに。。。

看護士さんから「こんなに食べられないんですから、もう本人のお好きなものを何でも摂らせてあげてください。」と言われた母は、

「お父さんは、コーヒーが大好きだから、コーヒーなら飲めるかも。」

と、喫茶室からコーヒーを買ってきたという話にぶっとびました(父は一応コーヒーを飲んだようですが「不味いな。」と言ったそう。当たり前だ)。

一事が万事こういう母なので、私は自分がしっかりしなくちゃなあと思いました。
そこで、ビーフコンソメ(牛肉とたまねぎ、にんじん、セロリ、昆布、梅干を煎じて90分)と、そらまめのポタージュ(そらまめとたまねぎを煮て裏ごし)と、黒豆を黒砂糖ときび砂糖で煮たもの、シフォンケーキを何種類か作って、届けました。
そばがきで栄養がとれるよう、そば粉と、玄米粥が簡単に作れるように玄米の炒ったもの、すりごまも届けました。
そんなことを電車バス乗り継いで片道2時間、3日間やっていたら、私がばてました。。。(笑)


体温と血圧に異常がなくなった父は予定通り退院しましたが、この、自宅に戻るということがとても良かったのだろうと思います。

何しろ、泌尿器科病棟の向かいには小児科病棟があって、夜となく昼となく泣き喚く子供の声で安眠が妨害されていたようなのでね。
ただ機嫌が悪くて泣くのではない、具合が悪くて泣いている子供の声というのは、たまらないものらしかったです。


その後、お見舞いの手紙を送った高3の娘宛に、父から即返事がきて、体力の方はともかくとして気力が戻ったらしいことに一安心しました。なぜなら
「しっかり勉強しなさい。」という内容のことが便箋6枚につづられていたのですから。
便箋6枚ときたら、手紙というよりはちょっとしたレポートです。
一つも誤字脱字のない、筆圧もしっかりした手紙の最後に書かれていた

「手術をして、寿命があと数年は延びた気がしています。」

という一文に、思わずハラハラっと安堵の涙がこぼれた私でした。





でもまだ蛇口の調子は万全じゃなくて、オムツしてるらしいけどねー。
 

詰まりがとれたよ・・・。

 投稿者:  投稿日:2012年 4月27日(金)18時27分50秒
  こんにちは。
ぼよよん太郎です。

父の手術に立ち会ってきました。
先日は全身麻酔で4時間かかると聞かされて、怖すぎて半泣きで牛乳かりんとう食べまくってましたが、実際のところは2時間半で終わってヤレヤレ。

で、内容は前立腺肥大を治すというものです。
かなり赤裸々なところを書きますが、恥ずかしいのですぐ忘れてねー。

そもそもは、10年前からのことらしいのだけど。
水道の蛇口が壊れたごとくシッコの出が悪くなって、
しっかり出ない上に、用もないのにポタポタと蛇口(!)から水漏れするようになったと。
そのままでは都合が悪いので、ナプキンで抑えてたらしいのだが
(介護用尿漏れナプキンはお高いということで、なんと、安売りの生理用ナプキンを…!)
それはそれでサイズが小さくてうまくキャッチできなかったり(笑)痒くなったりと、
なかなか難しいものがあったらしい。

で、10年やりすごすってすごいことだと思うんですけど、まあ、そのぐらい父が医者嫌いだったというわけです。

しかし去年の冬のある日、たまたま飲んだ風邪薬が合わなかったらしく、蛇口をひねってもシッコが出なくなっちゃうという事態がおきて、一晩中苦しんだということがあったらしいのですなぁ。

私はあとからこの話を聞いて、救急車呼んでいいレベルだと思ったんですけど、
父は救急車を呼ぶのは救急の人だけに許されることだと思っていて(だからこの場合、救急の人なんだろうがよ!)
次の日の外来まで待ってしまった。

で、泌尿器科で、カテーテルで出してもらってその場は収まったらしいが、その後カテーテルをお持ち帰りして、「毎日自分でやってね。」ということになったらしい。

カテーテルを自分で取り付けて、、、というのはかなり時間がかかったり、キズが出来たりで、生活の質がガタ落ちするのでした。
そんなわけで、父はその後、楽しみのための外出が一切出来なくなりました。
自然と機嫌も悪くなり、家族は八つ当たりの対象に。
私も楽しくないので、訪ねて行かなくなりました。

「一刻も早く手術してもらいなよ。」と私はいったのですが、何と何と、前立腺肥大の手術というのは大繁盛(?)で、毎日毎日手術で、もう数ヶ月先まで予約が埋まっちゃってるのですって。

やっと順番が回ってきたのがつい先日というわけです。

普通の前立腺肥大と違って、10年選手の前立腺肥大はやはり難物だったらしく、術後に見せられた脂肪のカタマリ(?)は身内といえども見たくないものでした…とほほ。

執刀の先生は中国人だったのだけど、普段「中国人はイイカゲンだー」とかワルグチ言ってた私も、さすがにこの時には頭が下がりました。。。

先生、「これからは気持ちよく出ますよ~~!」と言ってました。うん。感謝感謝。
こんなことだけど、生活の質が上がるって大事なことよねえ。


そんなわけなのでね、ももちゃんも「蛇口がヘン…?」と気づいたら、あまり放置しないで(特に10年間とかね!)すぐ病院に行ったほうがいいですよ。
男の人はね、年取ると必ず来るらしいですから、あまり恥ずかしいと思わなくていいらしいですよー。
 

どきどき

 投稿者:  投稿日:2012年 4月23日(月)23時45分32秒
  こんばんは。
ぼよよん太郎です。


明日、父がちょっと大きい手術をすることになって、私も付き添いの一人として病院に行くことになりました。

身内の入院も手術も初めてのことなので、想像しただけで怖くて。

どうなっちゃうんだろう
どうなっちゃうんだろうと、今日は半泣きになりながら、牛乳かりんとうを半袋も食べてしまった。


また父は元気になってくれるだろうか…。
 

ぷんぷん

 投稿者:  投稿日:2012年 4月17日(火)00時48分38秒
  こんばんは。
ぼよよん太郎です。


何年も前の話ですが、お世話になった50過ぎの皮膚科のおじさん先生の話をします。


先生にはピアスもあけてもらいましたし、実はこっそり顔のほくろも取ってもらってました(女性の顔の場合、どこにほくろがあっても顔相としてはよくないそうなので、取って本当にスッキリしました)。


そしたら、ほくろ取ったあとの経過観察の時にね、

「あんたね~、このおでこのシワ、取りたいでしょう。
どう?ヒアルロン酸入れてみない?」

って営業するんですよね。

ヒアルロン酸高いから断っちゃったんですけど、


それより


おじさん先生自身がものすごい皮膚のキタナイ人で、イボガエルみたいなんでね、


「アンタ自分の顔がそんななのによく言うわ。
自分の顔なおしてから営業しろや。」

みたいな気持ちの方が大きくて断っちゃったよ、


ていう話でした。




…とりあえずノルマをやっつけました。
日記更新しろ~の圧力がぁ…(-"-;)

 

昨日久しぶりに

 投稿者:  投稿日:2012年 4月 8日(日)00時40分39秒
  こんばんは。
ぼよよん太郎です。


昨日久しぶりに母仲間3人で飲みました。

で、個室とってもらったんだけど、今の個室ってすごいのねぇ。

2畳分ぐらいの部屋に小さい掘りごたつみたいなテーブルがあって、なんというか「巣」っぽいというか、3人して同時に




「エロいね!!」



って言ってしまった。



なべ料理の店だったと思うんだけど、なべのネタがチョンボリの割にお高くてね、

ま、場所代なんだよね、って納得しました。

誰かが
「ラブホより安いことを考えるとそのように利用されている可能性も…」
と言いました(私じゃない)。

江戸時代でいううなぎ屋さんみたいな感じかしら(これは西原理恵子が言ってたよ…)。


ま、そんなこんなでいっぱい内緒話して楽しく憂さ晴らししてきたのですが、


何しろ私の家が田舎にあるもんで、終電だのタクシーだの一苦労。

時間を気にせずに飲みたいよなあ…。




ところでももちゃんの今考えていることを当ててみましょう。

「そのお店、どこどこ?教えて!」

ですね…?



わはははは(^O^)






まったくね…(-"-;)
 

ラー油の話とか

 投稿者:  投稿日:2012年 4月 1日(日)00時08分57秒
  突然ですが、昨日から沖縄にいます。
携帯から書いてます。


一時期話題になった石垣島のぺんぎん食堂のラー油ね、那覇の国際通りのお店でちょくちょく見かけました。


定価は850円だそうですが、数年前私はそれを2200円で買ってきてもらったこともあるし、半蔵門線のどこかの駅で1650円で売ってたのを「ラッキー!」と買ったこともあります。
それだけ、みんなが有り難がって買ったものでした。


昨日、那覇のお土産屋のおばさんが言いました。


「一時期2500円まで上がったこともあるの。
下がった時は900円まで落ちたわ。
今日は1100円なんだけど、毎日値段は変わるのよ。
また、映画が始まったらどうなるかわからないんだけどね。」

昨日、市場通りのお店では大抵1200円で売ってましたので、1100円は「買い」だと思い、つい3本買ってしまいました。
10本買っちゃうお客さんもいるらしいけど、それはやり過ぎだと思うのよねえ…。


で「映画が始まったら」って何?


ともかくも、株価のように上下する石垣島ラー油でございました。


でもね、桃屋とかヱスビーからかなりクオリティの高いラー油が300円ぐらいで出てるんですから、わざわざぺんぎん食堂ラー油でもないなと思うんですよね。
桃屋もヱスビーもほんと天才です!
ぺんぎん食堂を凌駕したといってもよい。



あと、昨日国際通りで見た珍しいもの(?)といったら


見かけはどーしたっておばさんなのに、

声はどーしたって若い男性だという、お土産屋のお兄ちゃん。

あれは…魔法かけられてるのかな…?

ではでは。
 

レンタル掲示板
/12