teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


読売新聞記事

 投稿者:管理嬢  投稿日:2016年 1月26日(火)18時42分33秒
  読売新聞の記事を、青島さんが送ってくださいました。

上士幌町は今は、ふるさと納税で人気がありますね。

 
 

こんなニュースが!

 投稿者:管理嬢  投稿日:2015年10月10日(土)10時52分49秒
  ご無沙汰していました。
鈴木卓さんが上士幌中学校歌の伴奏曲編曲をアップしようとしていましたがどうしてもできずにいます。
昨日、帯広の友人から、こんな新聞の切抜きが届きました。
テレビのニュースで、北海道の強風などは知っていましたが、まさか上士幌まで被害を受けていたとは知りませんでした。
ほかのところは大丈夫だったのでしょうか?
うそみたいな光景です。
ここでおいしいソフトクリームを食べたのに・・・。
これから良い景色が眺められ、おいしいご馳走が食べられるのに・・・。
 

うれしいです

 投稿者:管理嬢  投稿日:2015年 7月23日(木)21時17分16秒
  道子様

お褒めの言葉、とてもうれしいです。
つたない文章ですが、忘れていく中で鮮明に覚えていることがあるのです。
でも、それも忘れていく・・・。
何箇所か引越しをしましたが、やっぱり私の故郷は上士幌だと思いました。
色々な思い出が沢山あります。
もっともっと書きたいと思っています。
まめには書けませんがこれからも宜しくお願いいたします。

最後になりましたが、貞ちゃんに宜しくお伝えください。
そして「ありがとう」って、・・・。
 

(無題)

 投稿者:児島 道子  投稿日:2015年 7月23日(木)14時50分24秒
  聖子様
先日妹貞子が来札の折、千一夜物語を真剣に読ませて頂いて、細かいところまで鮮明に覚えていらっしゃる貴女の記憶力のすばらしさのおかげで沢山の事を思い出しとても喜んで居りりました。
お礼申しあげます。高木さんの美代ちゃんとも連絡を取り合っているようです。
貴女のおかげでとても心が温かくなりました。
 

暑さお見舞い

 投稿者:管理嬢  投稿日:2015年 7月13日(月)12時05分10秒
  急な暑さで、みなさま参っていませんか?
全国的に30℃越え、ここ数日帯広がニュースになっていました。
帯広駅前の温度計は、上まで上がっていましたものね。
上士幌もきっと暑くておいしいビールを飲んだことと思います。

塩野先生と和田先生を間違っていたみたいですね。
和田先生が体格が良くなったのですね。
昔は塩野先生のほうが体格が良かったような気がしました。
怖い先生とは知りませんでした。
・・・昔はみんな怖かったですよね。
父もその一人、恐縮しています。
でも、優しさもたくさんありました。

暮れには毎年、若い先生が餅つき来てくださいました。
1日目は校長先生、2日目は我が家、そして3日目は角田先生と言う風に、先生の家を回ってついてくださいました。
出来立てのお持ちが毎日届きました。
つき終わったら先生たちは、1杯です。
楽しい暮れの思い出です。

今年の、上士幌会の故郷訪問は楽しかったようですね。
勢多の橘内さんのおうちに泊まり、山田さんでバーべキュウとか、山田さんのお宅から見る勢多の山並みもいいですよね。

勢多でのスキー、父の戦争で使ったスキーを直してもらって滑って、転んでスキーだけ先に滑っていったこと、恥ずかしかったけれど、今は楽しい思い出です。
 

アッちゃんへ

 投稿者:TAK  投稿日:2015年 7月10日(金)22時03分45秒
  本日、上士幌中学校の校長先生から「校歌の伴奏譜を受け取った」旨のお礼の電話をいただきました。ところが中央線「あずさ号」に乗車中だったので、電車の騒音で会話が明瞭に聞き取れず失礼したかもしれません。所で、同じ譜面を斉藤聖子さんに送信しました。彼女の姉のお孫さん(つまりは作詞者である岩本先生の曾孫になります)が現在音楽大学のピアノ科に通う学生さんとの事でそのうちに録音して送ってくれるのではとしみに待っています。人というのはこういう風に繋がっていくのですね? アッちゃんありがとう!

面白いつながりがまた生まれたなと思っています。
 

つどい6(完)

 投稿者:故郷のアッぺ君  投稿日:2015年 7月10日(金)19時41分9秒
   塩野先生から、礼状が届きました。原文は、「先日は、糠平での楽しい一夜を有難とう。写真を見ているとあの時の語らいや中学生時の思い出が、次から次えと湧きあがってきます。本当のことは、この集いもこれで最後と思ったが、頑張って、この次も参加出来るようにしたいと決意した。」先生は、昨年、腹部動脈りゅうを患い手術をしました。私たちちにとっては、「英語と体育」の担任であり、当時の時代は、「殴る先生が、多かった中、塩野先生は、殴らない先生と知られており、逆に怖かった担任です。そのせいか、英語の時間は、集中して、授業を受け、英語だけが、得意学科となりました。今回、先生から、幹事の皆さんに感謝を申し上げたいと結んでありました。先生は、僕たちの怖い先生ですから、褒められたと勝手に思って、先生、有難うございます。これからも、ともに頑張りましょう。。


 http://

 

つどい6(その4)

 投稿者:故郷のアッぺ君  投稿日:2015年 7月 9日(木)22時06分40秒
  7月6日に参加頂いた皆さんに「集合写真」を送付しました。
「つどい6」のあと、恩師や旧友との過ごした時間が、脳裏に刻まれ、今なお、心地良く、満足感に浸っています。
 今回の「古希編」は、かってない「何かが、違う」と感じました。
 もちろん、初参加の和田先生や河田君、林さん等の対面もありますが、それ以上にきっと、参加された全員の方が、「幹事」となって、「つどい6」を盛り上げてくれた事によるものに違いないと思っております。
 東京をはじめ、各地域の旧友から、近況情報や旧友への参加の誘い、不明住所の調査等、手のお手伝いをいただきました。
 又、帯広周辺の旧友が、当日の送迎用の温泉バスの代替対策(帯広からホテルまで、自家用車の提供)や写真撮影、更に「2次会」でも、全員が、会場設営(飲み物の用意、カラオケのセットや接待)や進行、深夜の後片付け等、全面的に応援がありました。
 恩師からも、自身の知識と経験から、私たちが、古希を迎えて、「これから、なすべき事」の教えを頂きました。心して、頑張りたいと思います。
 最後に、散会の際、全員の方から、激励と労いの言葉を頂き、感激しました。
 これからも、旧友たちの思いは、大事にして行きたいと考えております。
 皆さん、有難うございました。

 

折笠先生

 投稿者:管理嬢  投稿日:2015年 7月 8日(水)19時27分27秒
  ブログや掲示板にも書きましたが、私と妹は日曜日になるといつも朝早くから木村先生と住んでいる神社の近くの倉庫のような建物の2階に訪ねました。
今、考えると学校を出てすぐで、お若かったのでしょうね。
いやな顔ひとつせず、遊んでくださいました。
そして、HPにも書きましたが、先生の志しを通されて、上京。
いただく年賀状で、いつも教えられ、勇気付けられています。

いつまでもお元気で、「現役先生」でいてください。
これからも宜しくお願いいたします。
 

つどい6(その3)

 投稿者:故郷のアッぺ君  投稿日:2015年 7月 7日(火)20時03分3秒
  福島さんは、「役場」と「上士幌町東京会」で、何度かお逢いしています。
頑張り屋さんの素晴らしい方で、地元の名士であり、行政(上士幌町)にとっても、色々とご指導等を受け、大事な方と思います。
 さて、「つどい6」では、3名の恩師にご出席頂きましたが、特に「折笠定男先生」は、過去4回も、ご参加を頂いております。
 今回も、ご高齢に関わらず遠路遥々ご参加を頂きました。(お一人、飛行機で、来たとの事です。)
 先生は、現在82歳で、神奈川県鎌倉市に在住していますが、教師として60歳の定年後、引き続きボランティア性が高い「社会福祉関連施設」に務めた以降、本年3月末日、大田区の「障害者関連施設」を
 もって、現役を終えました。(定年後、22年間も毎日、鎌倉と東京を往復したのですね)
今回、私たちが「古希」を迎えるに当たって、これから何をすべきか、「レジュメ」を添えて、貴重なお話しがありました。(家庭円満の秘訣、健康の大事さやなすべきこと、社会福祉制度現状等)
 そして、翌日は、元同僚の故佐藤晃一先生のお参りと更別時代の教え子が待つ、「クラス会」に向いました。
 本当に心身ともに若く、「超スーパー先生だ」
私たちにとっては、生涯の「現役先生」で、尊敬しています。

 

レンタル掲示板
/34