teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 変異型ヤコブ病について(3)
  2. 変異型ヤコブ病の心配(1)
  3. ありがとうございます。(0)
  4. お返事有難う御座います。(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:10/1444 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

mam様

 投稿者:茶白猫  投稿日:2020年10月 3日(土)17時35分42秒
  通報
  昨年主人を孤発性ヤコブ病で亡くした者です。その際にはこの掲示板に何度か投稿させていただき、また皆様の投稿に力づけられながらの日々でした。

主人が亡くなって一年、療養型の病院に入院した時から二年、病気が分かってから三年の月日がたちますが、この間一日一日がものすごく長く、今でもあの日々がほんの一年や二年前の事とは思えない状況です。

主人は62歳で発病し、その時主人の母は87歳でした。主人の父は他界しておりましたが、最後の何年かはアルツハイマー型認知症で、いろいろ大変だった事もあり、自分も認知症になる事を何より怖れていました。だから、自分で仕事中に感じた違和感から自分で検査に行き、結局たどりついた地域の大きな病院で二週間の検査の末、ヤコブ病の診断を受けました。

主人の場合は診断が早期についたせいか、入院時と変わる事のない状態で退院し(なので主人と二人で病気についての告知を聞きました)その足で主人の母の所へ二人で向かい、主人が自分で母親に報告しました。今思い出しても苦しい時間でした。
主人の母は気丈でものすごくしっかりした考え方のできる人で、泣かれはしましたが、結局その後の事や、いろんな状況を顧みても、ちゃんと話しておいて良かったと思っています。
主人がとても親孝行な人間で、少し離れた所に一人で住む母親の所にしょっちゅう様子を見に行ったり、定期的に車を出して買い物に連れて行ったりしていて、母も「この子がおるから安心して歳とれる」と言ってました。主人が亡くなった時は、「親孝行な子やったけど、親不孝やなぁ」と言ってました。
今も90歳になりましたが、まだまだしっかりして、でも足は流石に弱ってきたので、主人の代わりに息子が時々車を出してくれてます。その時には私も娘も一緒に賑やかに買い物に行ったりもしています。

mam様の参考になるかどうかは分かりませんが、主人が亡くなった後もずっと見ていた掲示板で、自分と似た立場の方の投稿を拝見して、思わず書いてしまいました。
感染症の中、入院されている方、限られた時間の中でどんな思いをされているかと、心苦しさでいっぱいになります。後悔の無いように、と思っても必ず後悔は残ります。今出来る事をひとつひとつ、御自分を大事になさって下さい
 
 
》記事一覧表示

新着順:10/1444 《前のページ | 次のページ》
/1444