teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 変異型ヤコブ病の心配(1)
  2. 変異型ヤコブ病について(1)
  3. ありがとうございます。(0)
  4. お返事有難う御座います。(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


あきらめない心様  さくら様 ピンク様

 投稿者:シュガー  投稿日:2019年 1月10日(木)17時52分3秒
  あきらめない心様

奥様は、診断までに時間がかかったのですね。
私の母の場合は、11月上旬から不調を訴え始めました。初めは、目が見えにくくなったと老眼鏡を作り直したのと、「頭に鍋をかぶったような違和感がある」と言っていたそうです。

11月からいくつかの病院を回って
初めの脳神経外科では異常なし→次の総合病院で初期の認知症かうつ病かもしれないと言われ、心療内科に回され(この時点では脳波、MRIともに異常なし)、その後また神経内科のMRIで異常が認められ、紹介状をもらって急性期病院に12月半ばに入院しました。
そこで、脳波とMRI、その他症状から、ヤコブ病と診断され、医師の診断書のもと、12月の末に父が難病申請をしたそうです。
髄液検査と遺伝子検査の結果を待たずして?と私も思いましたが。

転院先は、2番目にかかっていた総合病院で、療養型ではありません。なので、いつかまた転院の話があると思います、と急性期病院では言われました。そのあたりも含め、福祉医療サービス課があるかどうかも、週末帰ったときに確認したいと思っております。


さくら様

ご返信ありがとうございます。
お母様と、うちの母の病状がよく似ているとのこと。
うちの母も、12月半ばに急性期病院に入院してすぐにお見舞いに行ったときには、短いけれどお話もできたし、自分で箸を持ってご飯を食べていたのに、クリスマスの頃には食べさせてあげないといけなくなり、この間の週末からは、食べることもできなくなり、今は点滴です。転院も、車椅子の予定だったのに、ストレッチャーになったそうです。
本当に、急激に変化していて、私も毎日涙しています。

11月から不調を訴え始めた母ですが、10月末にもらった手紙では、いつもどおりの母の文字で「去年の今頃は体調が悪かったけど、今年は元気。このまま年末を迎えたいなぁ。お正月会えるの楽しみにしているね」と書いてありましたが、あっという間に、今、言葉も発することができなくなってしまいました。本当にこんなことがあるんだろうか? 今でも、何かぴったりの薬を飲めば元気な母に戻るんじゃないだろうか?と思ったりもします。さくらさんもきっと、こういう気持ちになっておられたのでしょうか。

母は、入院するまで自分の状態にパニックを起こすこともあったそうです。
実家には、母が家のどこに何があるか(爪楊枝や、季節外れのものをしまってある場所など)、思い出すようにして書いたメモがあって、原因もわからず怖かっただろうなと、涙が止まりませんでした。

母の気持ち、私達家族の気持ち。どこにぶつけたらいいんだろうと思っていましたが、この掲示板を見つけて、同じ病気にかかった方のご家族の方がこんなにたくさんいらっしゃることを知り、悲しみは癒やされないけれど、気持ちを共有させていただいています。

先日、相談員の黒田さんに添付していただいた差額ベッド代についての用紙を持って、会計なり、福祉医療サービス課なりに、行ってみます。


ピンク様

ご主人を亡くされたばかりのところ、ご返信ありがとうございます。
ピンク様のご主人の病院では、はじめから差額ベッド代が請求されなかったとのこと。病院によって、都道府県によって周知に違いがあるのですね。

週末、私も直接病院に聞いてみますが、
母は、今すでに寝たきりになってしまいました。父が病院に行って、母が趣味で続けていたオカリナのCDをかけるといい表情になるというので、個室にいさせてあげたいなと思っています。

離れた県に嫁いで、発症してからも、入院してからも、長く一緒に居てあげられないことがもどかしいです。
ただ、父も看病をがんばってくれていて、あとは周りの人に恵まれていて、本当に仲のいい方が毎日母を見舞ってくれることに感謝の気持ちです。

父ひとりでは、病院とのやりとりや各種申請など大変なので、こちらで教えていただいた情報をもとに、できる限り協力しようと思っております。


長文になり失礼いたしました。
 
 

シュガーさんへ

 投稿者:ピンク  投稿日:2019年 1月10日(木)08時43分5秒
  私は12月28日に主人を亡くしました。2週間前です。とてもお辛い気持ち、手に取るようにわかります。8  月初から2回目入院。主人も入院した頃は自分で何でも食べれていました。日が経つにつれて手が思うように動かず私が食べさせてあげていました。亡くなる1月くらい前までご飯はお粥になりましたがおかずは普通の物が食べれてました。その後、誤嚥性肺炎になり口からは受け付けなくなり点滴だけの栄養だけになりました。差額ベッド代ですが主人の場合、病院からは初めから請求書に記入してありませんでした。もちろん個室でした。あと特定医療費で主人の場合30000円を引いた差額が保健所経由で県の難病対策グループから振込みがありました。まだ申請していないですが社会保険からも高額医療費の請求をすればいくらか戻ってくるようです。お金の話ばかりになりましたが私は主治医から余命を宣告されたとき少しでも一緒にいたかったので仕事を辞めました。年齢も59なので丁度良いタイミングだったのかもしれません。お金には変えれない充実感はありました。なので看病に関しては後悔はありません。私事ばかりになってしまいましたがシュガーさん、日々の変化に付いていくのがお辛いでしょうが頑張ってください。私も含めてこの掲示板てアドバイスしてくださる方は経験を通して、言葉を発しています。私も皆さんに掲示板を通して助けられました。みんなで頑張っていきましょう。  

シュガーさんへ

 投稿者:さくら  投稿日:2019年 1月10日(木)01時14分17秒
  初めまして。
シュガーさん、とても辛い時ですね…
お母様の病気の進行の速さが、私の母の時とよく似ています。
私の母も検査入院して2週間でヤコブ病と診断されました。(結果が出るまでに通常2ヶ月ほどかかるのを、追加で検査料を払って、長崎大学での検査を早くしてもらったのです)
検査入院した日はまだ元気で入院食も完食していたのに、検査結果が出るころには意思疎通も食事もできなくなっていました。
母が急激に変化していくことが悲しくて悲しくて仕方なかったです。
毎日泣いていました…
きっとシュガーさんもあの時の私のような状況だと思うと、心が痛いです。

差額ベッド代ですが、ヤコブ病患者さんは差額ベッド代は請求されないということを、当時こちらの掲示板で知りました。
病院の会計の方に伝えてたところ、「そのような通達が出ていることを知らなかった、教えていただきありがとうございます。勉強になりました。」と返金だけでなく、お礼までも言われました。
ですので、シュガーさんも会計係に伝えてみてください。

日々を大切にお過ごしください…

 

 投稿者:  投稿日:2019年 1月 9日(水)21時57分6秒
  嘘つきがいますね  

シュガーさん江

 投稿者:あきらめない心  投稿日:2019年 1月 9日(水)18時45分24秒
  ちょっと腑に落ちないのですが、入院してから2~3週間目でプリオン病の診断が下されるものですか。家内の髄液を長崎大学へ送って、1ヶ月後に疑いがあると急性期病院に連絡があり、東北大学での報告は約2ヶ月後でした。それらの結果に基づき差額ベッド代が無料になるか支払わなければならないか、国の指定難病なので病院側が判断しなければなりません。
新しい病院は、療養型の病院ですか。病院側の組織にも寄りますが福祉医療サービス課が入院患者さんのコーディネートとか相談され、一人部屋では負担が大きく四人部屋に進められます。一人部屋では看護師さんや介護士さんの目が届きにくく、かつ入院経費が高額になると思います。この病気は、いつ病状が悪化するかわかりません。一応、6ヶ月容態が安定すれば、障害者申請が可能だし、又身体障害者手帳の手続をすれば入院費が軽減されると思います。
患者さんは、今病気になり心細く、死に対して不安を感じられています。頭を優しくさすったり、腕や背中などを軽くマッサージしてあげてください。そして、手をしっかり握りしめて安心させてください。
 

黒田様 あきらめない心様

 投稿者:シュガー  投稿日:2019年 1月 9日(水)17時30分7秒
  ご返信、ありがとうございます。

一度払ったものの返金は難しいのですね。
今の病院での差額ベッド代は、あきらめない心さんのおっしゃるように、役所か保健課に相談してみます。

本日、転院先の病院でも個室に移動したそうです。そこでも、事前に聞いたところ「差額ベッド代が1日5000円かかります」と言われているようですので、ご返信の内容を踏まえ、父に相談します。

父母は年金生活ですし、私も多少の援助はできますが十分なことはできませんので、少しでも負担を軽く・・・と思っております。同時に、母が少しでも快適に過ごせるようにとも思います。

週末には私も地元に帰ります。今後の方針、転院のことなど、医師から話があるようです。

お正月に帰ったときは、言葉は出ないけれどこちらの問いかけに笑顔を見せてくれた母ですが、ここ何日かは、目を閉じたままの時間が多く、ときどき涙を流しているとのこと。
つい、2カ月程前までは普通の暮らしをしていたというのに、信じられない気持ちと悔しい気持ちと、この気持ちをどこにもっていったらいいのか?という気持ちです。

もう1回、母と会話したいです。涙。


 

亡き妻の入院医療費について

 投稿者:あきらめない心  投稿日:2019年 1月 9日(水)15時50分19秒
  家内の体調が悪く、近くのクリニック診察料と総合病院での各種検査は実費負担で支払いました。
以後、再検査入院での急性期病院でのMRI.脳波.髄液検査及びレントゲン検査の処置代そして長崎大学付属病院病院、東北大学付属病院のプリオン病認定検査費用、三ヶ月の入院費は国の指定難病に基づき無料になりました。
それから入院した療養型病院は、プリオン病治療の為に受信したクリニックの初診日から六ヶ月後に主治医の判断により高額医療費免除申請を、区役所に届けました。それまでは、四人部屋病室で、検査代とを含めて約五万円から七万円ほど支払ってきましたが、第一級身体障害者の認定を受け、負担金500円プラスおむつ、シャツ、病衣を含めて約三万円弱になり、生活が落ち着きました。その時に、家内に障害者年金を受給することができ家族の負担が軽減され少し、ほっとした記憶があります。平成26年夏から長期入院をし平成30年6月に肺炎をきっかけに心不全になり、天上の世界へと旅立ちました。
家内が闘病と闘っている間、残されている家族は日々の生活を安定させルために経済的にも大変ですが頑張ってください。差額ベッド代の返金のことですが、病院の対応が無理ならば、区役所や保健課の方に尋ねたらどうですか。私も、療養型病院の主治医さんにプリオン病の確定をするように何回もたずねた事があります。引き下がったら駄目です。

 

シュガー様

 投稿者:相談員 黒田真一  投稿日:2019年 1月 9日(水)11時18分56秒
  シュガー様
相談員、黒田と申します。
難病認定による医療費助成と差額ベッド代は別です。
厚労省の通達では、患者家族の方がよほどの個室を希望した場合を除き、差額ベッド代はかからないことになっているのですが、全ての病院で徹底はされていないようです。
一度支払ってしまうと、返却というのはなかなか難しいと思います。
ご参考までに下記URLをご参照ください。
https://kaigo123.net/wp-content/uploads/sagakubed-kaigo123.pdf
当サポートネットワークの電話やメールもご活用ください。
よろしくお願いいたします。
 

差額ベッド代について

 投稿者:シュガー  投稿日:2019年 1月 7日(月)17時29分56秒
  はじめまして。去年末に66歳の母がヤコブ病と診断された者です。
10月まで、元気に、いつも通りの生活をしていた母なのに、今、言葉を発することもなくなり、食べることも難しくなってきた状況をまだ受け入れられずにいます。。。

お伺いしたいのは、差額ベッド代についてです。私は両親とは別の県に居て、私の父が病院とやりとりをしています。


1、12月13日~1月6日まで 急性期病院の個室に入院(差額ベッド代1日3000円)、ここで孤発性のヤコブ病と診断され、年末に難病申請をしました。16日に認定(?)が降りるようです。本日、会計をしたところ、治療費と共に差額ベッド代も請求されたのでお支払いしたそうです。

2、1月7日本日、別の病院に転院。今は4人部屋ですが、空き次第、個室(差額ベッド代1日5000円)に移動予定。ここでも、父が「厚生労働省の通達で、差額ベッド代はかからないのでは?」と聞いたところ、かかりますとの答えだったそうです。

父に聞くと、16日に難病の認定がされれば、1も2も、治療費と一緒に差額ベッド代も返ってくるのでは?と言います。
治療費、差額ベッド代共に、いったん請求されてお支払いをして、後に返ってくるという認識でよいのでしょうか?






 

らん様

 投稿者:ピンク  投稿日:2019年 1月 4日(金)18時38分57秒
  ご投稿ありがとうございます。主人が28日に亡くなり今日まで息子、娘、孫が泊まってくれていました。とても有意義な一週間でした。一人で過ごすことは無理とわかっていただけに。今は寝れているし、食べれてもいます。主治医から亡くなる2週間前にいつ亡くなるかもしれないと言われ心の準備はできていました。1週間前に主人がまだ準備できてないか?と聞いてきたんです。もちろん幻聴です。それから毎日。亡くなる前日、もういいよと、心のなかで言ったら翌日亡くなりました。今でもですが、いつも主人と繋がっているなと思っています。今から現実を受け入れ、寂しさにも襲われることもわかっています。看病の為、仕事を辞めてしまったので時間を短くして働こうと思っています。趣味のオカリナも休んでいたので仕事をする時期に復活しようと思っています。両方とも忙しくすれば気晴らしになるかなと思うので。私が楽しんで生活していないと主人も悲しむかな?まだまだ二つを行動にうつすには時間がかかりそうですが焦らずに生活していこうと思っています。らんさんは体調不良との事。私は今は気が張っているので体の不調はないですがいつそうなるか。ピンクからの投稿が掲示板に出ましたら相談にのってください。よろしくお願いします。  

レンタル掲示板
/120