teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:59/240 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

小学生向けレクチャー

 投稿者:  投稿日:2005年10月27日(木)18時07分54秒
  通報 編集済
  先日、都内某小学校で打楽器教室のお手伝いをしてきました。

対象は5年生3クラス(なんと80人ちょっとなのよ)と、その母60人ぐらい(こりゃあすごい出席率だと思う)+各担任+校長先生 でした。ドキドキ。

今の小学校って、いろんな楽器を置いているんですね。ティンパニまであったのにはびっくり。
多分使いこなせてないんだろうなあ。どんな業者が上手く乗せて先生に買わせているんだろう?

講師役のHさんが、ティンパニの連打で、聴衆を圧倒するのを見て、
「ああ、このティンパニは初めて上手い人に叩いてもらったんだろうなあ。」てなことを思いました。

こちらから用意していったのは、カスタネット各種、マレットいくつか、あとは学校で借りました。
ヘンだったのは、マリンバがなかったこと。
そのかわりにシロフォンはある、そしてテナーバスがなぜか3台も。
テナーバスというのは、マリンバ寄りではあるものの、音域が低く、こちらからマリンバ用に用意していった曲にはどうなんだろう?と汗かいてしまったわけです。

で、Hさんが順々に楽器の説明をしていったわけですが、私も知らなかった~と思うことがいくつかありました。
たとえば、トライアングルのもち手のひもは何センチがいいかということ。
あれは長くブラーンと下げていると、叩いているうちにねじれて指が痛くなってしまいます。
で、1センチのところをしっかり持てとのこと。
そういわれればそうなんだけど、意外にトライアングルなんて触ることないから考えたこともなかったなぁ。。。
それと、タンバリンの持ち方。
「ここに親指を入れてください」といわんばっかりの穴がありますが、あれに指を入れて叩くと、指が痛くなってしまうので、×なんだそうです。
普通に両端を持つのが正解らしい。じゃああの思わせぶりな穴は何なんだ?
あと「シャブリエは、もともと作曲家ではなくてお役人さんでした」って話。
んーと、小椋佳(ケイ、ってこんな字だったかな?)は、シンガーソングライターでしたが、実は銀行マンでした、っていうのと同じ感じでしょうか。

依頼してきたPTAの人たちもよくやってくれたと思いますが、3日前に新譜を渡してくるのはやめてくれよーと3人で笑いました。当日の朝、初めて合わせて「こんなもんか?」と本番に臨んだときの怖かったこと。しかも私以外の二人は、発熱による不調で黙り気味だし。
「何度?」と聞くと、「こわいから計らない。」っていうんですね。これは正しいと思いました。「39度」なんて数字を見たらそれだけで「あああぁ。」って気持ちが萎えちゃいますからね。

この練習のために、片道2時間を費やし、そういう日は夕食もついデパ地下で買ってしまう、ということが続きましたから、私の達成感とは反比例して、夫の不機嫌なこと。
しばらくは下手に出なければいけませんね。
 
 
》記事一覧表示

新着順:59/240 《前のページ | 次のページ》
/240