teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ちょっと調子に乗って・・・

 投稿者:  投稿日:2005年10月 1日(土)23時08分9秒
  ラズベリーのチーズケーキ
 
 

↓ちょとぉ!

 投稿者:  投稿日:2005年 9月29日(木)18時43分7秒
  でかいよ~。写真。  

今年はこちらにも・・・

 投稿者:  投稿日:2005年 9月29日(木)18時40分44秒
  おすそ分け。

栗の渋皮煮
 

景気のいい話

 投稿者:  投稿日:2005年 8月28日(日)01時17分39秒
編集済
  お受験母友達(息子つながり)が3人遊びにきて、めいめいが勝手なことをしゃべりながら、ストレス解消して帰っていきました。
しゃべっているうちに感情が昂ぶってしまい、勝手に泣き出しているヤツ(特に名を秘す)もいて、ああ有意義な時間を過ごしている、と思いました。
お酒も入らないのにここまで感情がゆるめられるのですから、私は友達として結構イイヤツなのだと思います(笑)。

で、みんな別々の中学に進学したわけですが、その同級生のおうちの話が華々しくてうらやますぃ。

O君の証言:
友達に○○○石油の社長の孫がいて、最近遊びに行ったんだけど、グランドピアノが3台あって、シャンデリアがダイヤモンドでできていた。そこのママは世界的なピアニストであるらしい。
(↑シャンデリアがダイヤモンドというのはいくらなんでもウソだろうとママは言う)
ママが世界的ピアニストというのも違うだろーと私は思う。

K君の証言:
友達のN君のお父さんが現役の大臣なので、遊びに行ったら門の前にSPがいた。そして学校名と名前と出席番号を言わされて、やっと通してもらった。警備が厳しい。オレなんて悪いこと出来るわけないだろうがって。

ふ~ん。いいなあ。景気のいい話で。
うちの息子の同級生にも、もしかしたらすごいお宅の坊ちゃんがいるのかもしれないけど、どうもご学友には選んでいただけないようで、お呼ばれもありません。

そういえばK君は、おうちに呼んであげたというだけで、お礼に桐の箱のメロン(万疋屋、じゃなかった千疋屋製)がお返しにくるという友達もいるんだよなあ。うちの息子は何でそういう子と縁がないんじゃろ?
メロンくれるどころか、毎日遊びに来ては私に「ねえバナナないの?」とたかってきた○キならいたけどな。。。(母親が○ンナー中毒→ラララむじんくんへ→夜逃げ→一家離散)
あーしょぼ。

大した話じゃないけど、続きは自分の部屋でやります。みんな来てね。。。(男子校にありがちな下品な話なので、ここでやるのは気が引けるらしい)。
 

昨日の続き

 投稿者:  投稿日:2005年 8月18日(木)16時45分12秒
  …何もこっちに書かなくともいいのですが。

二階から毎日ドンドンとうるさい音がしてくるわけです。
その正体は息子の「体育の宿題」なのでした。
それは毎日、腕立てふせ20回、腹筋30回、背筋30回、というメニューであるらしい。なるほど、動物園のトラの檻の中でやってても体力はつくのかな。

聞くところによると、やはりみんな体力に問題があるようです。
息子曰く「小学校の頃スポーツテストをやると、クラスで真ん中ぐらいだったのに、中学に入ったらいきなり3番になってしまった。」とのこと。体格についても同じ。今までクラスで真ん中辺だった身長が、中学に入ったら背が高い方になってしまったらしい。
まあそんなですから、大したスポーツマンでもないのに、バスケ部からスカウトなんかきちゃったりもしたのです。
でも息子は、運動部のわけのわからない下積み的運動(ま、うちの場合だといきなり山ん中一周走るとか)が辛そうだといって、文化部を選んでしまいました。どこまでも「逃げ」の姿勢ですね。

緊急事態発生!
 

毎日が飛ぶように…

 投稿者:  投稿日:2005年 8月17日(水)17時35分46秒
  お盆が終わったら、急に夏休みも速度を増して早く過ぎていくように感じます。
いつものように息子が出入りしている掲示板をのぞいてみたら(やめなさいって)、宿題の仕上がり状況がとてもまずいと書いてありました。ありゃま、お母さんはそんなこと全然知りませんでしたよ。
英語と数学は片付きそうだけど、他が壊滅的なんですって。ううう~もしかすると国語の読書感想文は私が書く羽目になるのだろうか。

そんな切羽詰った状況でありながら、彼はパソコンゲームを毎日何時間かやることを止められないばかりか、独房状態の部屋を覗くと、あちこち気持ちが散漫になっていることがわかります。
すなわち、机の上には書きかけのペンマンシップ(英語の練習帳)があって、あっちの隅には将棋盤と詰将棋の本が広げてあり、こっちには「名探偵コナン」が広げてあって、もしかするとこの辺でエロなことについて考えているんだろうなあというエリアがあり…。あ、いえいえ、そんなに広い部屋じゃないんですよ。せいぜい6畳といったところです。
だからイメージとしては動物園のトラ。その辺をウロウロするしかできないんだなあと想像すると、とても可笑しいです。部屋、きれいにしなさいよと毎日のように声をかけているんだけど、イッチョマエに片付かない部屋になっているし。もう巣窟というか魔窟ですね。ほっといた方がいいでしょうか?

私はというと、夏休みの始まりに息子の学年の課題図書をたくさん借りてきて、片っぱしから読んでいました。重松清にウンウンと頷き、浅田次郎の人情ものに涙し、村上春樹にこれはいかがなものかと首をひねったり。
今さらという感じですが、村上氏の「スプートニクの恋人」は読みましたか。アララ?って最後に思うよ。うちの中1には読ませない方がいいかなと思いました。
 

再び、釣れない話

 投稿者:  投稿日:2005年 8月 9日(火)10時36分25秒
  最近ヒミツで分けてもらった韓国製のお塩に惚れています。
なんでも韓国で食べる料理が美味しいのは、塩田で作られたミネラル豊富な岩塩を使うからなんですって。
日本では、塩の自給率が16%なのだそうで、これは先進国としては由々しきことらしい。
塩化ナトリウム99%のお塩なんて摂ってたら、体錆びちゃいますよ(=成人病になりますよ)、皆さん飲む水には気をつけていても、なかなか塩まで気をつけないのは何ででしょう、と御年60歳のきれいな韓国人マダムに言われ、なるほどと思ったのでした。このマダムの肌が60歳とは信じられないほどきれいなのは、ミネラルが92種類入っているお塩を使っているかららしい。

その韓国製岩塩のつぶを舐めてみると、大湧谷の玉子の味がします。これは硫黄成分ですね。
これをお風呂に入れて入浴するととてもいいです、毒素を出してくれますという話なので早速試してみました。

で。
ホントかよと思うのですが。
毎年この季節に悩まされていた手足にできる湿疹が、1日で消えてしまいました。
へえ~へえ~へえ~。

…なんかヘタな宣伝になってしまいました。全然面白くなかったですね。場所を間違えたかも。

そういえばクルマ馬鹿の部屋もなくなってしまったし、最近、クルマ馬鹿たちはどこにハケクチを求めているのでしょうか。モーターショーの季節がきたらどこからか湧いてくるのかな。

気がつけば クルマ馬鹿たち いない夏

おっと、もう立秋を過ぎたので秋に替えましょう。するとさらに物悲しさを表現できますね。

「気がつけば クルマ馬鹿たち いない秋」    どーだ。
 

ついてたのか?

 投稿者:  投稿日:2005年 8月 8日(月)10時35分15秒
  昨日、都内某所3時に集合という用事があったのですが、何しろ遠い所ゆえ、最後まで「遅刻かも」とドキドキしてしまう出来事がありました。まず最初に30分時間を勘違いしていたところがいけない。つまり3時半始まりだと思ってました。
それがわかった途端、自転車飛ばす飛ばす。一日で一番暑い時間帯に自転車で走っている人なんていませんから遠慮なく田舎道を走ります。
それで最寄りの駅まで行くでしょ。電車に乗る時、「なんかトライアスロンみたいだな…。」と毎回思うんです(まーさんも毎日そう思いません?)。

渋谷が目的地、という場合、横浜から東横を使うか、それともJRで品川まで行っちゃって山手線を使うか、まずそこで懊悩します。これは時間帯と日(土日祝日)によって変わるんですけど、いつでもドタバタとして「結果オーライ」となる。なので経験から学習するということがありません。

で、今回は一か八か横浜から東横、の線を選んだ。
あ、スイカチャージせよと改札で引っかかってしまった。精算口へ走る。一万円を入れる。一旦吸い込まれて戻ってくる。もう一度入れる。戻ってくる。入れる。戻ってくる。何でだ?
1分ぐらいそうしていたら、なんと、その一万円が500円玉を引っぱってきた。
んんん?誰の500円だ?まあいいか。ともかく、1万円札が吸い込まれていかなかったのはこの500円玉のせいだったという事はわかった(でもお札とコインの入るお部屋は同じなんでしょうかねえ?)。

やっとのことで改札を出たら、思わず乗り換え口が遠いということがわかってまた走る。素足にミュールが痛い。それはこんなもの履く方が悪いにきまってる。
でも急がなければ特急に間に合わない。走った。目の前で特急のドアが閉まった。ああああ。
さっきのチャージの時、一回でお金が吸い込まれていればこの特急には乗れたはずなのに。

そこで10分ロスして次の電車に乗ったわけですが、計算上、渋谷から歩いたら遅刻することがわかりました。地下鉄に乗っていく時間もなさそう。初めて行くところなので場所もよくわからないし。で、もう渋谷からタクシー乗っちゃえと思いました。これなら迷子になることもない。

…タクシーに乗るときに、さっき出合った500円玉クンがとても役に立ちました。
おかげさまで現地には2時59分につきました。ヨユーだね!(どこが)。

総合すると、この日はJRで品川乗換えにした方が早かったっぽいですね。
でもそのかわり、現地付近で迷子になってたのは確実。
ついてたか、ついてないかでいえば、きっと「ついてた」んだわ~。
 

他に気がついたこと

 投稿者:  投稿日:2005年 8月 5日(金)16時30分19秒
  仙台といえば、ある方から「そちらではイーグルス、盛り上がってますか」とメールをいただいたのですが、その時は田舎の方を走っていたので情報も無く、
「全く盛り上がっていません。」とお返事してしまいました。

これは大変な勘違いだというのがテレビを見てわかりました。
なんたって、N○Kの1時間のニュース番組の中でイーグルスネタに30分間割いてるわけですよ。
「今週のイーグルス」という特集があって、選手一人一人の体調まで教えてくれるの♪

そして向こうの子供たちは全員といっていいほど
「大きくなったらイーグルスの選手になりたい」と言ってます(ホントだな!!)
だって、偶然通りかかった七夕飾りの短冊にはほとんど
「イーグルスが、☆☆に勝ち続けますように。」とか
「イーグルスがせめて○○勝できますように。」とか、
「大きくなったら、イーグルスか阪神に入りたいです」とか(←このセレクトは節操がないと思う)
イーグルスがらみのお願い事ばかり書かれていたんですもーん。

…やっぱり、地元に球団があるっていうのは嬉しいんだなあ~。じゃあもうちょっと横浜の人もありがたがらないと。
それにしても、ココにイーグルスが来る前は、仙台の人たちはなにで盛り上がっていたんだろう?メインのニュース番組で30分もイーグルスのために費やすってことは、その前は何に30分費やしてたの?たなばた祭り?伊達政宗?瑞巌寺?

もうちょっと時間があったら、駅前の「イーグルスショップ」を覗いてみたかった。
私は「楽天イグル酢」というお酢がほしかったのよー。きっとあのお店だったらあったはず。
 

まあそうなんですけど…

 投稿者:  投稿日:2005年 8月 5日(金)16時01分11秒
  ○○クラブの会員枠で旅行しているので、ちょっとお安くなっている分、色々融通が利かないのがホントのところです。
だからまあ、旅行はやっぱり「そこに行った事実」というのが大事なわけです。
100%の満足は期待してないんですよ~。

でもなぁ。2日目のお昼は悔やんでも悔やみきれません。
漁港のそばで、トレトレのお魚のお寿司を食べよう、と言ってたんですけど、娘がどうしてもいやだというので、夫=おすし屋、私と娘=隣の定食屋 と二手に分かれたんですね。
定食屋で、気まぐれに窓を開けた私はびっくり。そこには虫の死骸とクモの巣がたくさんあったんです。料理が出てくる前に、食欲不振。。。開けちゃダメなら「決して開けてはいけませんよ」と書いておいてくれないと(書かれてたら余計開けたかな)。
そんなものを見たあとでは、何も美味しくないのでした。

一方夫は、カウンターで「おまかせ」なんか食べちゃってたらしい。旨かったんだって。。。そりゃそうでしょ。3500円もかけて…ううぅ。こっちなんて二人で1500円だったよ。ありがとよ。
その後私が娘に辛く当たったのは言うまでもありません。

まあ色々嫌な経験も積んで、段々と旅上手になっていくのでしょう。
 

旅先の料理でも釣れますよ

 投稿者:もも  投稿日:2005年 8月 5日(金)00時23分50秒
  旅先での食事には、超が付くくらい気を使わなければなりません。
これ世界の常識。

今回の京都も、合唱シンポジウムと言う今世紀中に2度と出会えないであろう
イベントの空気を吸いに行ったのは間違いないんですが、裏メインが
鴨川の川床でハモを食いながらビールを飲むという、ミーハーな企画でした。
ネットで調べられる情報をかき集めて選んだいくつかのオプションのうち
ようやく予約できたお店に行ってきたのですから、とにかく行って食べたと言うことに
格別の想いがあります。冷静になってよーく考えると、?、ナところが
多いんですが。。。あれで生ビールだったら。。。

食事で後悔するのはどんな場所、時でも嫌なモンです。

仙台へのお大名旅行では、行く前に夕食のメニュウを確認しておくべきでしたね。
わたくしなど旅行の企画をするときには、散々値切った挙句に
これだけ入れて、でもあとは質より量で、なんていうことを言ってみます。
今回の場合は量より質にして!と言っとけば違ったかもね。
 

それと。

 投稿者:  投稿日:2005年 8月 4日(木)10時58分46秒
  二人して不機嫌の原因が他にありました。「お部屋出しの食事」です。

私なんて料理がお膳いっぱいに広がっているのを見ただけで、満腹になってしまうわけですよ。「あーこれ、全部食べないと、板さんが気ィ悪くするんだな。」とプレッシャーになって。
でも小皿にちょこちょこって入っているつき出し(?)というのがそもそも好きじゃない。
まず何でできているかもよくわからないし、美味いか不味いかがどうしてもわからないところが、「もしかして私はとんでもない味オンチなのではないか?」と不安を掻き立てます。

で、メインにちょっとした鍋物が出るでしょ。お刺身でしょ。魚介類のグラタン、太巻き寿司、ゴマ豆腐、お吸い物、釜飯、おもち、天ぷら、・・・う~もうたくさん。この後のココナツのアイスは別バラなのでいいとして。
さらに、小食で偏食な娘のフォローまでしなくてはならないわけです。
お子様メニューとして揚げ物が一皿ついていたんですが、娘はお刺身と鍋物をやっつけた後、早々にリタイアしてしまっていて、全く手をつけなかったんですね。で、何となくキレ気味風情の仲居さんが
「折角ですから残さないで下さいよー。」とおどすので(こういう仲居さんも初めてだ)、夫、ムリして大きなエビフライを、モシャモシャ食べる。なんだよ全部エビってわけじゃないんだ、などといっている(先っちょはコロモだったのね…)。
もう一人の戦力となりえる私はといえば、食前酒に出てきた梅酒が口当たりよく、クイクイ飲めたのはいいんだけど強すぎたらしくて、食事の途中でほとんど寝こけている始末。
食事の途中で寝るなんていうのは、遊び疲れた子供しかしないでしょ普通は。
バカですねえ>自分

その前日のホテルは夕食も食堂で、部分的にバイキングだったのがよかったです。前沢牛のステーキと牛タン、娘は何回もおかわりに行っていました。現金なやつですね。
 

あーやっぱり

 投稿者:  投稿日:2005年 8月 4日(木)10時25分10秒
  カーナビネタで釣れた釣れた、なんていうとまた「なんでぇ。」と半年引きこもってしまいそうなのでさりげなく迎えますが、ももちゃんお久しぶり!!!!!!!!!!!!!
今私はツチノコ発見!と同じくらい嬉しいです。
ほーら息子、やっぱり「ももちゃん」は存在するんじゃン。

で、そうですね。「一通」の情報はカーナビに入っているでしょう。間違えました。
「工事中につき迂回せよ」が多かったんです。それでナビ君の指示通りに進めなくて、ナビ君、気ぃ悪くして、難しい道教えてくるし、時間は経つし、その割に距離は進んでなくて、気がつくとさっきからその辺をグルグル回っていて、なんなのよこのナビはでたらめばっかり教えてきてー!と人間のできてない私は怒ることになるのでした。
まあ他にも「まもなく、右方向です。」というその「まもなく」ってどこのことだ、今の道だったのか?というミスを繰り返す夫のドンくささに怒ったり。そりゃあ運転手の立場にもなってみろよという気持ちは分かりますよ。わかるけど、もちっと何とかならないか?
これが新婚旅行か婚前旅行かなんかだったら、ナビ君がもとのケンカとはいえ、決定的な亀裂の原因になり得ましたね。結婚15年目だから「みんなこんなもんかぁ。」という悟りができててよかったよ~。
 

結婚15年もすればみんなそんなもんだよ。

 投稿者:もも  投稿日:2005年 8月 4日(木)00時32分48秒
  お久しぶりです。

カーナビのことが出てきたので、つい。。。

京都へは車で行きました。友人に出していただいた車には、DVDカーナビが
付いていました。多分メーカー純正。オープニング画面に「NISSAN」と
出てくるのが邪魔だったから。。。(わたくしは、パソコンのスタート画面も
メーカー名が出たりして時間をロスしないようにカスタマイズするのが好きなので。。。)
でも、ソフトは更新するのが「とても高いので」2~3年前のヴァージョンだったみたいです。

県連の事務所から、川崎に人を迎えに行くのに、首都高速に乗るわけですが
ナビの指示がおかしい。横浜スタジアムの裏にいるのですから、「横浜公園」から
入るのが常識でしょ、と思っていたら、桜木町まで走れとキタ。こいつふざけんな!
と無視して横浜公園口へ。。。すると、「みなとみらい~横浜駅東口 渋滞」と情報が。。。
なんと、頭のいいカーナビ君は渋滞を気にしてその先から乗るようにナビしてくれていたんですね。
それを無視したわたくしは、ああ、どうすれば。。。
と、思う間もなく渋滞現場に着くと。。。要するにそれは、金港JCで、横浜新道方面へ
行く車の列ができていたと言うことで、右側の車線はほぼ平常運転だったんです。
ま、事なきを得たんですね。
この辺のさじ加減は、機械の最も苦手な部分でしょうね。
今回京都市内はほとんどカーナビの指示通り動いたんですが、渋滞も回避してくれて
なおかつ最短距離を最小の移動時間で案内してくれたのは、大いに助かりました。
「一通」なんかの情報はあらかじめカーナビが判断して避けてくれているはすで、
機械と言う物は使う人のものなんだよなぁと、改めて思いました。
マニアックな道の好きな人が使っている機械はマニアックな道を選ぶんですよ、きっと。
 

じつは・・・

 投稿者:  投稿日:2005年 8月 3日(水)18時06分58秒
  仙台の旅行はイマイチでした。
多分、場所として相性が合わないんでしょう。まあ私達は大人なので、ムリにでも「楽しいね~」と盛り上がろうとはしているわけですが。なんだかケンカしまくってたなあ。

まず、何が原因かっていうとレンタカーについているカーナビ。
これは沖縄でも愛媛でも覚えがあるのですが、カーナビの情報って必ずしも最新じゃないでしょう。で、カーナビが指示して来なかったけれど
「ぜったい、今の道曲がった方が早く着いたよね?」ということがあるわけです。まずこれで私イカリ気味。
今回は特にそんなことが多かった上に、ダンナが「ン?一通だ。」といきなり反対方向に走っちゃったりして指示通りにできないものだから、カーナビ君、すぐに「修正」するわけです。お節介だっちゅうの。
この場合「戻れ」と言ってくれればすむのに、しばらく考え込んだ上で、ものすごいマニアックな道を言いつけてくる。こっちの道路に疎いという弱みにつけこみやがってよぉ~、というのは間違っているのかもしれません。ナビ君はよかれと思ってやってくれていることなのですから。

で、仕方なく指示に従う→難しいので間違う→ナビ君、再び修正した道を指示してくる→とりあえず走る→よくわからないので間違う→「到着予定時刻」がどんどん遅くなる→わたし怒り出す…となるわけですね。

今までの旅行では私がここで怒り出してもダンナ「馬耳東風」という感じでしたが、今回は逆切れといいますか、いきなり「運転もできないくせに何か言うな!じゃあ自分で運転してみろ!」と反論してきたので、驚きました。う~ん納得いかねい。
私の方は「私が悪いんじゃなくてナビ君が悪いんだもんね」と思っているので謝らないし。

ま、車乗って移動中はずっとこんな感じで険悪なわけです。
でもレンタカー返して仙台駅で萩の月試食したら、お互いなんともなくなっちゃって、さらに南下するに従って、どんどん普通になっていきました。
そして今はケンカしたことなど忘れて(いるふりをしているだけか?)生活しています。
不思議ですねー。

誰か「結婚15年もすればみんなそんなもんだよ。」と言って下さい。
 

もしかして昨夜

 投稿者:  投稿日:2005年 8月 2日(火)10時50分39秒
  ももちゃん(?????)電話くれた?
着信記録が残っているのですが、恐らく新しいのを登録していた際に起きた操作ミスですね。
例のごとく電話に出なくてすみません。
いつも携帯を携帯していないので一発で出られた試しがありません。それで夫から怒られています。
…とこんなところでばらさなくてもよさそうなものですが、無事に京都からお戻りで何より。私も宮城の方に旅行に行っていましたが、何とか戻ってきました。

仙台駅で「萩の月」をお土産に買ったのはお約束。カスタード味と、チョコレート味(こちらは「萩の調」といいます)7個ずつの詰め合わせを買ったんだけど、いつもチョコ味のものをありがたがる子供が今回はオリジナルの方に殺到してしまったので、どうせなら全部「萩の月」にしておけばよかったと思いました。これは仙台で迷っている人がいたらご忠告。
「萩の月」と「萩の調」何個ずつにしよう?と迷ったらall「萩の月」にすべきです。

松島は思ったよりきれいでした。遊覧船に乗ると、カモメが船を追っかけてくるのが面白いです。エサをもらいたがっているのですね。
船の中の売店でカッパえびせんの小袋(スーパーで30円位のもの)が堂々と
「かもめのエサ 100円」として売られているのもいとおかし。
甲板でかっぱえびせんを持って手をのばしていると、カモメがくわえていくのがかわいかったですね。
でもカモメ、あれじゃ塩分とりすぎじゃないですか?
ヒトが美味しいと思う塩味では、ケモノにはきつすぎるときいたことがあります。
だから犬のエサに「おみおつけごはん」というのは間違っているのだー(今そんな家はないか)。
 

あらら。。。

 投稿者:  投稿日:2005年 7月27日(水)23時28分54秒
  実は下のスレは事情があって消したかったのですが、「編集」の仕方はわかっても「削除」の仕方がわからないザマスよ執事…といったところで、執事はもしかしてもうこの辺にはいなくて、そうだ京都行こうと思い立って行っちゃったのか?
本当なら明日から旅行の私が「よきにはからえ」というはずだったのに、これじゃ逆ではないですか。

というわけで、あまり遠くないけれど、北の方へ旅に出ます。
息子は海にキャンプに行っているので一緒ではありません。ウニでも採ってくれるかと思ったけど、犯罪になるらしいのでダメなんですね。

そゆことで。
さがさないでください。
 

やほほ~

 投稿者:  投稿日:2005年 7月27日(水)00時58分0秒
  何がやーほーほーとらららんなのかというと、息子が某お受験雑誌に取材されたんザマス。見栄っ張りおかあさんはちょっとうれしいざます。

それはある夜のこと。
息子の中学生生活について聞きたいと、雑誌の編集部から電話がきたのです。
彼を電話口に出してくれたら、色々と質問しますから、それについて答えてくれたら、それを元にしてこっちで編集しますとのこと。
なるへそなるへそ。それで今まで出ていた中学生さんも、やけにしっかりした作文を書いていたのですね、ってかあれは編集の人が書いた文だったのかあ。みんな、だまされちゃいかん。

そもそもは2月初旬、受験の結果が出た時に、塾から大きな袋でアンケート用紙が配られて、3月までに書いて送ってくださいと言われていたのですが、すっかり忘れていて5月頃送っちゃっただけでも不真面目なのに、その上ちっとも参考になるコメントを書けなかったので、んもうこのまま不採用だわと思っていました。
息子のコメントの何がいけないかといえば、たとえばこんな質問に対する答えです。

問.あなたに受験生としての自覚ができたのはいつ頃ですか。
  →2月3日

問.塾のない日の勉強時間を教えて下さい。
  →1時間

こりゃーいけないです。でも私はほっときました。

しかし最後に
「今後、取材にご協力いただけますか。」という質問に息子が
「絶対やだ」のところに○をしていたので、それは私、消しましたとも。
そのかわりに
「是非協力したい」に、付け直したのが今回の取材につながったとみました。
 

↓のつづき

 投稿者:  投稿日:2005年 7月22日(金)00時22分53秒
  さっきは途中でコドモが降りてきてしまったので、慌てて投稿したのでした。
これからしばらくこんな日が続くと思います。

昔々、息子中学の生徒がワタスをバカにして口も利いてくれなかったという話は以前しましたが。。。

今回は何しろその中学の生徒が3人も来るというのですから、オバサンいいところ見せようと張り切ってシフォンケーキなんて焼いちゃったりするのでした。
で、目の前で切ってあげた時、彼らから「おぉ~…。」と歓声が。
オバサン嬉しかったですねー。
昔、憧れても相手にしてもらえなかった学校の生徒を唸らせたんですから(しつこい)。

…でもそれだけです。
…なんつーか、勉強だけ?言葉が足りないっていうか、照れのある年齢なのか、とにかくタカビな感じなんですよ。その点、如才ないタイプは中堅校のほうに多い気がします。
色々質問してもあまり直球な返事が返ってこなくて、いくつもひねったような答えが返ってくるんですよねー。この辺はさすがに難しい入試を突破しただけのことはあるなあとしばし感動。
しかしその後、好みの少年は

「は?言ってることがわかりませんが。」

と言って、私を打ちのめしたのでした。
言ってることが分からないのはオマエの方なんだよぉおおおおお!

結局、昔も今も、ここの学校の生徒はワタスをバカにするということについては変わらないのですね。

あ、それよりいつからココは画像が貼れるようになったんだ?今、気がついたわ。
 

暑い暑い暑い。

 投稿者:  投稿日:2005年 7月21日(木)12時27分47秒
編集済
  月末には京都爆弾ツアー(?)に行くんですね。
ウチにまでご案内をありがとうございます。ま、執事だからこのくらいは当然か。。。

さて今回の祭典は3年に一回の「合唱のオリンピック」なのですね。
もともとの京都の暑さに加え、その情熱の熱さも大変なものでしょうから、ばてぬように頑張ってくださいね~。
私はちょうどその日、避暑のため、北の方に旅行しています。

ところで昨日は息子の友達が3人遊びにきました。
一人、もろに好みのタイプがいました(笑)。口から先に生まれたような能書きタレの秀才タイプです。
 

レンタル掲示板
/12