teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


酵素風呂のこと

 投稿者:  投稿日:2005年 5月31日(火)10時27分1秒
  どこかで見て気になっていたんです。
美容とダイエット・リラクゼーション効果のある「酵素風呂」。
で、友人Oが子育てでノイローゼ気味だったのを引っ張り出しまして(なんと会うのは12月以来←引きこもり)リフレッシュしよう、と酵素風呂、予約してみました。

写真で見ると、木の棺おけにおがくずが山ほど入っているという感じです。
そのおがくずもヒノキのチップだというからいい香りがしそうじゃありませんか。

でも、実際には「酵素」をまぶしてあるから、なんとも言えない発酵臭がするんですね。牛小屋のにおいっていうかなあ。
入るときには専用のツナギを頭までかぶってネズミ男状態になります。
そして棺おけに横になったら、係の人に砂風呂みたいに酵素をかけてもらいます。酵素は6~70度に設定してあるというけど、体感としてはちょうどよい湯加減(?)で。
そして10分。裏返って(うつぶせで)5分。
それで終了なのですが、あの臭いといい、カブトムシのさなぎの気分がよくわかるようになります。

で、効果はどうなのかというと。
まあ1回行ったぐらいじゃ何ともいえません。
Oはすっかり気に入って、パスポート買って毎日のように行っているようです。何でも月に20日間行けばモトが取れるんですと。
そのうち、カブトムシになっちゃうぞ。。。(だからどうした)
 
 

う~~~ん…

 投稿者:  投稿日:2005年 5月11日(水)23時00分18秒
  大人の男性としての意見をいただければと思います。
しかしこんなところで告っちゃってもいいかなあ(ナニナニ?)。

なーんだそんなこと、って言われると思いますが、息子がエロ…になりました。
共用のパソコンで彼の「お気に入り」を覗いてみたら、美少女(13~4歳ぐらい)のアレコレ画像がたくさん出てきたんです。
彼女達は日本人の顔をしていますが、こんな写真をとることは日本では許されないはずだから、東南アジアのどこかの国の子ですね。

しかし今の少年達にとって今はいい時代ですね。
昔だったら、エロ本買うにしても顔を伏せてその手のお店の扉をガラガラと開け、本を吟味する時間もそこそこに、適当にエイヤ!っとつかむわけです。その本がヨイかヨクナイかはもう「賭け」の世界。あー大体ビニールに包まれていて中身は見られないんでしたよね○○キさん。
ちゃんとした本屋さんで買う、という場合も、マジメな本も抱き合わせで買って、その下にはさみこむ。
自動販売機で買う場合も「ジョギング行ってきまーす」というポーズをして夜に出かけていき、周りに人がいないかを気にしながら、吟味する時間もなく適当にボタンを押す。あ!これこの間買ったのとおんなじじゃんしかもオバサンばっかりでヨクナイんだよねーガックシ、なんてね。
こんな感じですよね?○ニ○さん?

それにひきかえ今は写真を見るという点では失敗がありません。自分の好みを探求できるわけです。紙と違ってかさばらないし、飽きたら「削除」すればいいだけです。自室に置いて親に見つかって気まずい思いをするという心配もない。

で、私が今どういう気持ちなのかというと、普通に親としてショックだというのと、息子に面と向かって「お前エロだな」と笑い飛ばしてやりたいという気持ちとがあります。
特に今の中学に入ったことによって急にモテ出した(制服効果なのですよこれが)彼のファンには
「こいつエロなんですぜぇ。」とばらしたくてしょうがない。こんなマジメそうな顔してるけど実はエロなのだなあとその横顔を見ながら、母は不思議でならないのでした。
もうマジメそうな人のことなんて信用できないわ、フン!

お返事待ってます。
 

今度はまた

 投稿者:  投稿日:2005年 4月24日(日)22時27分48秒
  上海出張でし。。。よりにもよって。

一番ワーワーとうるさかった時に、上海出張となりました。お客さんが「行く」と言ったから、それは「GO!」しかないのだそうです。
やはり出発からしてわずらわしいことが多くて、まず成田で飛行機の整備に1時間多くかかり、乗ったと思ったら、離陸まで1時間待たされ、やっと飛んだと思ったら今度は現地到着の時に強風の影響で着陸を3回試みることになったとのこと。3回目の着陸では、ジェットコースターが急降下するときの、体中の体液がみんな上に行っちゃうような思いをしたんだそうです。スリル好きの人だったからよかったようなものの、ジェットコースターがダメ、って人には厳しかったでしょうね。

仕事をしていたビルの裏(というかこっちが裏?)が、日本大使館だったそうで、そのビルはテレビにもちょろっと写りました。
夫の話を真面目に聞いてなかったのでよくわからないのですが、ビルの下を覗くと右から1万人、左から1万人がワ~~~っと出てきてなんかしてたらしい。
とりあえず歴史的瞬間を見られてよかったですね(???)。スマソ。ホントに疎くて。
今回は、ホテルからも出ちゃ行けないといわれ、余計なことを話してはいけないといわれ、で全然つまらなかった、上海蟹もなし、足ツボもなし、と文句言ってました。

そ。昨日、無事に帰ってきたんです。全部、帰国してから教えてくれた、私にとっては知らぬが仏の話でした。よかったよかった。
 

島とうがらしのこと

 投稿者:  投稿日:2005年 4月18日(月)17時54分53秒
  沖縄に行ってどうしても手に入れたかったのが、みんながよく騒いでいる「石垣島ラー油」です。
で、お渡ししたあれが、普通にお土産屋さんに売っていた「石垣島ラー油」です。私もまだ開けてないんで、お味がわかったら感想を聞かせてください。
沖縄フリークの友達に食べ方を聞いてみますが、ひびを入れた生たらこにたらすだけで、とてもよいお酒のおつまみになるんだとか。イメージは辛子明太子ですね。

私が昨日開けたのは石垣島ラー油でもドレッシングタイプ。これをレタスにかけてみたらですね、カライカライカライ!!
…何口目かでもう鼻の頭に汗かいてしまいました。何かに似ていると思ったらタバスコに一番似ている気がします。

これとは別に沖縄の食堂にどこでもあったのが「コーレーグース」(島とうがらし)です。これは泡盛にとうがらしが漬けてある調味料で、主に「沖縄そば」を食す時に使います。沖縄そばの麺は食感がカップうどんの麺に一番似ていて、塩味のスープに必ず豚のトロロンとした部分(なんだっけー?)が入ってます(息子はこの「トロロン」がいやだったみたいですが)。
これにコーレーグスを入れると、これまた「カライカライカライ!」ということになる。
…お子ちゃま味覚の私には沖縄料理はまだついていけないかも…。

先日H木カズコが「男の人はラーメンにはコショーじゃなくてラー油入れなきゃダメよ。体にいいんだから。」と言っていました。
なぜかしらと思っていたら、とうがらし由来の物は、人体の水分を滞らせないようにする「不凍液」の役割をしているのだそうで、理由はこの辺にありそうです。
ってことで何にでもかけて召し上がってくだされ。

PS.昨日のは「鴎」がやっぱり好きかも。とても盛況で(おめでとうございます!)右端のほとんど最後部にしか座れませんでした。歌を聴くにはいい位置だったかな。
お岩さん状態てナニ?モノモライだったの?
 

気がつくと…

 投稿者:  投稿日:2005年 3月30日(水)10時52分45秒
  夫、また台湾に出張してました。最近乱気流がはやっている(?)のでちと心配です。
以前、持っていたワイングラスが天井にぶつかって割れて落ちてきたってことがあったんですって。その時にはやっぱり遺書書こうかという気になったそうです。

それはそうと、家族旅行の際、飛行機がらみの事件がありました。羽田での検査の時、息子の手荷物が金属探知機に引っかかってしまったというしょぼい話です。何だかね、リュックの小さなポケットから工作に使うはさみが出てきたんですよ。
「何でこんなもの入れてるのよ。」「知らねーよ。」・・・と、係員さんの前で一悶着。
本人が知らねーよと言っているぐらいですから、本当にだらしないだけなんですね。学校で使っていたリュックをそのまま旅行に持ってきたので、おそらくお道具箱からもれたはさみが残っていたんでしょう(ていうか3学期はお道具箱、持っていってなかったな。リュック=お道具箱だったのかぁ!)。
この場合、一筆書かされて、到着地で受け取ることになります。ただこのとき、私たちは勘違いをしてしまい、旅行のあと羽田で受け取るんだと思ってたんです。
そしたらちゃっかりはさみも飛行機に乗って那覇に行ってたんですね。那覇で受け取らなかったので「7日以内に受け取りに来なかった場合廃棄します。」という規約に基づいて、そのはさみは処分されてしまいました。

この手の失敗は夫も経験があり、以前爪切りや鼻毛切りバサミを取られてしまいました。そのときには一筆書いて到着地で受け取る形ではなく、問答無用でその場で廃棄させられる形だったそうです。
で、今回もピンセットを持ち込んでしまったので、一筆書くのかなと思っていたところ、ピンセットはそのまま持ち込んで大丈夫でした。ピンセットではハイジャックできないと判断したのでしょうか。イヤイヤ、あぶないぞ。以前、たこ焼きひっくり返すやつ(アイスピックと言いなさい)でジャックした人がいたしな。

で、なんでピンセット持ってるのと聞いたら、「眉毛抜くため」と夫が言うので、旅行先でわざわざ眉毛抜かなくてもいいのにと思う私でした。

なんですか、眉毛抜くやら鼻毛切るやら、男の人って私の知らないところで色々と気を使ってるんざますね。ま~爪切りは「切りたい時にはさみがないとイライラする」という状況が普通にあると思うのでわからなくもないですが…。
 

ふ・・・・。

 投稿者:  投稿日:2005年 3月24日(木)10時25分29秒
  実は家族旅行で沖縄に行ってました。夫が昨年出張で飛行機を使いまくったので、マイレージがたまって4人分の飛行機代が出たんです。
ちょっと楽しすぎる話で悪いなあと思ったので、事前にももちゃん(そんな人知りません)に言ってから行くのは気が引けていました(笑)。

有力情報によると、息子は卒業前に好きな女の子にコクったらしいんですね。で、今も不景気な顔をしているから玉砕したんじゃないかと。当たり前だよ。何のノウハウも持たずに。
まあコクったのはなかなか男らしいと感心したのだけど、恐らく相手がどうしていいか分からない言い方をしたんじゃないかぁ?「好きだったんだけど。」とかなんとか。
私だったら「だからなに!」と返してしまう。大体アイツは煮え切らないタイプなんです。
煮え切らないタイプといえば○○さんだ。あー腹立つ!←この部分はナニゲに忘れてね。

ってことで、今回の旅行は彼にとってはセンチメンタルジャーニーということになったかと。
観光タクシーの運ちゃんが知ってか知らずか、ずっと「涙そうそう」を流してくれました。それで
『そうそう』って何のことかわかるか?っていうんですね。あまり考えたことないでしょ。「早々」かと何となく思ってましたし。実は「ぼろぼろ」という意味なんですって。
「涙ボロボロ」っていう歌なんですね。
この「涙そうそう」と「泣きな~さ~い~笑いなさぁ~あい・・」と「島唄」を標準語バージョンと沖縄弁バージョンで何回も繰り返されましたが、さすがというべきか「ざわわ、ざわわ、ざわわ」は全く聞かないんですね。土地の人たちにとってはむごすぎる歌なんでしょう。

あ、沖縄の話だけで終わってしまった。ではまたあとで。
 

昨日は・・・

 投稿者:  投稿日:2005年 3月14日(月)14時44分43秒
  最近飲んでいる豆乳の味に飽きたなあと思ったので、目先を変えて「豆乳ゼリー」を作ってみました。マメくささが消えるようにバニラ入れてみたり工夫したのですが、結局豆腐にお砂糖入れたみたいな気色の悪いものになってしまいました。これなら最初からニガリ入れて、大人しく豆腐でも作ってればよかったなあと。
もちろんこんなもの私しか食べません。俗に言う「猫またぎ」ですね。

つまらないので出かけようとしたらこれまた雪が降り出してしまい、気分がショボボとなってしまったので、お出かけはやめて、少し早いけど娘の誕生日を祝うためのケーキを焼くことにしました。またかーというチョコレートケーキです。いやまぁ何でチョコレートを扱うとそこらじゅうベトベトになるのでしょう。
それでも10本ローソクを立てて「おめでとう!」と彼女に吹き消させると、ひと息で消しましたよ。
ナント頼もしい。

というのも、10年前この人が生まれてすぐに、お医者さんにダンナが呼び出されて、
「肺に異常があって非常に危険な状態です。手はつくしますが覚悟してください。」なんて言われちゃって、ダンナ足が立たないほどショック受けて(た、らしい)。家に帰ってウチの両親に報告するときオイオイ泣いて(た、らしい)。
「肺に関してはこれからも注意してください。」と言われた、そんな娘だったのが、ここ2~3年は咳一つせず、熱も出さず、ろうそくをひと息で吹き消すほどの強い子になりました。感謝感謝。

ところでももちゃん(だから誰なんだそれは)は昨日はアンコンでお忙しかったのですね。
最近の県連のHPの充実ぶりを見ると、ももちゃんという人は、私の知り合いにしては珍しく「繁殖型」の人間なんだなあということがわかります。「繁殖型」についてはいずれあちらでやりますが、ヒトの1割が「繁殖型」なんだそうですわ。ということは10人に一人?
それにしてはGSにおける繁殖型はもう少し割合が高い気もする。。。

まあ県連HP、皆さんも見に行ってあげてください。
 

お兄さんが・・・

 投稿者:  投稿日:2005年 3月 9日(水)13時15分32秒
  ここでも何回か出てきた美容院のお兄さんからお手紙が来ました。
内容は、社内の異動により、隣駅前の店の店長になることになりました、とのこと。
今のお店での地位は確か「アシスタントチーフ」で、そう偉くはなかったはず。
それが店長になるとすると、去年のコンクール入賞が効いた「ゴボウ抜き人事」かな。
案外私ってあげまんかも(違)。

さて、これからどうしましょう。なんだかんだお兄さんのことを嫌っていてもその腕は信頼していました。かといってわざわざ電車に乗ってお兄さんに「髪切って~。」と頼みに行くのはプライドが許さない(なに頑張っちゃってるんだか…)。

しょうがないので良さそうな人が見つかるまでしばらく髪伸ばしま~す。
 

いいのかな?

 投稿者:  投稿日:2005年 3月 7日(月)18時03分2秒
  きっと今日中にカウンターの数字が25000になるでしょ。いつもならももちゃん(ダレなんだそれは?)が予告してるのに、今回に限って「ごちうい」ってないですね。
実は自首のなかった22222の人もあの人じゃないかなあという目星はついているんですが、今回は誰かな?何か大きなプレゼントが出ます、っていうんなら私とってみたいで~す。
このごろそういうもの、全然当たらないんで。。。

さて、↓で「隠し宿」の話なんかしましたが、それはそうと日経のエロエロ小説は読んでいますか。
私は実は最初の頃読んでいて「ワタナベ先生ももうろくしたなあ」と思っていたんです。これは小説としてはダメね、こんな人いるわけないじゃ~ん、とゲラゲラ笑ってました。
「シャトウルージュ」や「失楽園」なら評価できますけどね、といってもどちらにしても友達との間では「あんな都合のいい女の人、いるわけないでしょ」という話になる。全般的に同年代の女性のウケは悪いです。
でもオジサンたちの間では今連載の小説は大評判だという、ふ~ん、そんなものですか。
他愛ないのねえ。。。「現実にいない女性だからこそ小説としていいのだ。」という声も聞こえてきそうです。
でも、でも、アレは絶対に変だと思うぞ。あの話、信じちゃダメよ。私、毎朝やっぱり
「こんな人いるわけないじゃん。」とゲラゲラ笑っているのですが、これが大評判だという事は、私の方が何か間違っているのでしょうか?

何がどう変なのか、ちゃんと書けないところがつらいのだけど。。。トホホホ。
 

ひゃひゃひゃ

 投稿者:voix  投稿日:2005年 2月22日(火)22時57分42秒
  100け~ん?何でまた。 ↑コレ




スマン。うるさすぎた?
 

ちょとお~

 投稿者:voix  投稿日:2005年 2月22日(火)00時05分30秒
  なに、オシャレにしてんの~?              コレ↑
別宅(妾宅?)の方も何かオシャレにして~。
 

ラフマニノフを聴きつつ・・・

 投稿者:voix  投稿日:2005年 2月11日(金)23時05分22秒
  …この3番&シンフォニックダンスのCDはSピョンさんのなのですが、夏からお借りしたまま、ほとんど自分のもののようなハードな聴き方をしてしまっています。いかんなーこのままでは買い取りになってしまう。。。
では、今週末のコンサートが上手くいくよう、お祈りしています。

あ。それから。
楽しみにしていたママだけ温泉ツアー、結局は近くのスーパー銭湯で普通にお風呂+塩サウナ→韓国式垢すり→足ツボマッサージ→アジフライ定食+ビール てなものに落ち着きそうです。なぜならば、不本意な結果の人もいたからということもありますが、何より言い出しっぺのEンドーが、すっかりそんなことを忘れていたから、っていうのが最大の理由です。
ウーム。私のほうは「ばさん友の会東伊豆支部」の人が「うちの親戚の旅館を使ってくだされ」というので割引券まで貰っちゃってたのに、残念です。
その旅館は何がステキかって「隠し宿」というのを売りにしているのがいいです。お部屋ごとに露天風呂がついているんですね。だからイケナイ相手と来るのにはぴったり!しかし高い(二人で泊まる場合一人35000円)。
…相場を知るのには勉強になりました。色々覚悟がいりますね(まとまりなく終了)。
 

結局

 投稿者:voix  投稿日:2005年 2月 7日(月)16時10分4秒
  息子の周りの友達はほぼE光に合格し、5人が進むことになりました。
あとは、いろいろ受かって「せっかくだからK成行くわ。」という人(なんとO田)と、「A布にします。」という人がいて、いつもバカやっていた仲間たちがそれなりのところへ納まってしまったのは、本当によかった、けど、いいんだろうか?こんなに嬉しくて。

そりゃあ息子の仲間達、みんなアホじゃないだろうとは思っていたのですが、お互い○ン○ン(←ルンルン?)を写メールで撮り合ったりなど、アホなことばかりやっていたので、今さらK成だA布だE光だに進学すると言われても、ピンとこないというか、申し訳ないというか…あ、せっかく受かったんだから喜んで進学はしますけど。
実は一人だけE光に落ちてしまって、すねてしまっているママがいるのですが、そこだって「日吉のH通部」に受かっているのだから、世間的には「贅沢言うなよ~」という感じですね。
でも泣きたいだろうと思う。一人だけ残念、っていうのは傷ついていると思う。ママだけで温泉、ていうのが微妙になってきた。。。うーむ。。。
 

こちらにも

 投稿者:voix  投稿日:2005年 2月 7日(月)14時31分57秒
  ごあいさつ。。。

ごぶさたしてすみません。5日に入試結果が全部出揃いました。お蔭さまで全部合格でした。
で、一番近いところに行くことになりました。本人も結果を知って「おー!!」と喜んでいました(自分で見に行かず全部親に見に行かせるところは横着なのか、小心者なのか?)。
本当に嬉しいです。

母親にとって先週までの状況はお産と同じでした。
あとから振り返ると超安産だったのだけれど、渦中にいる私は苦しくてたまらないわけです。
で、この度のような結果が出てしまうと、今までの苦しみはすっかり忘れて機嫌がよくなってしまうという調子のよさ。家の者にも「やっとお母さんの機嫌が直ってよかった」と言われる始末。

しかしさすがに「お産のあと」というだけあって今はクタクタで~す。
ま、安産だ難産だといわれても、キミらにはわからんだろうな。
 

たった今

 投稿者:voix  投稿日:2005年 1月28日(金)10時30分22秒
  13日のご案内等、確かに受け取りました。
お心遣いありがとうございました。
また改めて。
あーしんど…。
 

あがっているらしい

 投稿者:voix  投稿日:2005年 1月21日(金)16時24分51秒
  …誰がって夫が。

昨日からK成の出願が始まったのです。それで私が行くことになっていたのですが、夫が
「明日は一緒に車で駅まで行こう。また慣れない所に行くのだからグリーン車使ってもいい。」とやさしいことを言ってたんです。
で、昨日の朝、そのつもりで支度して外に出たら、車がないのですよ。
がちょ~ん。。。
私、積み残されてしまったというわけです。

携帯に電話しても、車の中だから電源を切っていてつながらず、茫然としながら自転車で出かけました。
その時のわたくしの格好といえば、お車のつもりだったので張り切ってハイヒールに首元には毛皮(ニセモノ)なんかしてるわけです。自転車に乗った私はおそらくサーカスのライオンのようだったのではないでしょうか。

携帯の怒りメールを見た夫はあとから慌てて電話をかけてきて「今度埋め合わせするから」と言いましたが、まだ怒りモードだった私は「今度じゃダメ!今日必ずする!」と返事しました。
ホント、「今度埋め合わせします」と言って、そのまま忘れるオトコが多いのは嘆かわしいです(○○さんアンタのことだよ!)。

結局、昨日の埋め合わせは成城石井のいちごムースでごまかされてしまったのですが、やっぱり何で私を積み残したのかといえば「あがっていたから」としかいいようがなかったようです。

出願のあと、学校近くのコンビニに行ったらさすが地場というべきか、「ウカ~ル」がありました。早速ゲット。
そのあと「ばさん友の会」東京支部の人たち3人が出てきてくれて、ランチ+湯島天神までお参り、というコースをたどりました。
4校分も頼んだのに、ご祈祷料を最低料金しか出さなかったのは悪かったかなあ…というのが今になって気になります。
 

コンビニに

 投稿者:voix  投稿日:2005年 1月19日(水)14時21分15秒
  よく行くほうですか。
私は普段ほとんど行かないのですが、このところ外出するとよくコンビニに出入りして探しているものがあります。

それは「合格グッズ」。。。
最近は「キットカット」の紅白版が有名ですが、それ以外にも「ウカ~ル(カールのチーズ味)」と「コアラのマーチ」←寝てても木から落ちない 「パス」(チョコレート)や「サクラサクチョコ」なんていうのがあるらしい。
で、買うんじゃないんですが、どんなのか見てみたいんですよ。うちではきっとコアラのマーチ買ってもバカにされるだけ(なに乗せられてるの~?とみんなで言うでしょう)。
昨日は合格マグカップつきキットカットを見ました。
合格マグカップというのは赤くて飲み口が五角形になっているのでした。
…ちょっとそそられたけど、こんなの買っていって私がマグ割った日には何言われるか…と考えて断念したのでした。
それにこの「合格」と「五角形」をかけた商品はもういいよというぐらい持ってるんですね。とくに合格鉛筆(6角形じゃなくて5角形になっている)はもうあちこちから頂いて飽和状態。

話戻ってコンビニの合格お菓子は、センター試験の前に大量に売り出されるらしいのです。だからもう昨日には下火気味でした。結局、紅白キットカットだけ買ってきましたが、意外にこのホワイトチョコがおいしいのにびっくり。おすすめです。

まあ何でもいいからみんな健康でフェアに試験が受けられれば満足だなあという気分です。
だから今ごろになって「福沢諭吉」を「輸吉」と書くのはカンベンしてくれ息子。「論吉(ロンキチ)」の方がまだ話として分かるぞ、と指摘した私に彼は
「あ、車偏にしてた?わりいわりい」と笑うので怒りました。
怒るのはよくないので、がんばって豆乳飲みます。。。
 

いろいろわすれもの・・・

 投稿者:voix  投稿日:2005年 1月 7日(金)00時05分29秒
  去年の12月のうちに、

「ぼかぁ師走だなあ~…」

とここでボケておくのを忘れていました。痛恨。
もう今年の12月には忘れちゃってやらないだろうし。。。(笑)

あとね、年末に例のお兄さんがいる美容院にまた行ったんです(何か行き過ぎかも、でも行くように仕組まれてあす)。
お兄さんに「おうちは見つかりましたか。」と聞いたら
「あれはやめました。今度の一年はひたすら勉強に打ち込みます。」と言っていました。
う~む。破談になったか。

そのかわり11月のコンクールで全国から千何人だかの美容師の中のベスト5に入ったのだそうです。すごいぞ~!そんな人に髪やってもらった私が美しくならないわけがないではありませんか。

でもそのお店の人、3人も入賞したんだって。なんだそりゃ?

美容院に行き過ぎたせいか、会う人ごとに「何かまた短くなった?」と聞かれます。
こちらはお兄さんに「いずれ伸ばしたいので、そのように切ってください」とお願いしているんですけど、お兄さんが「軽くした方がお似合いですよ。」といってどんどんすいていくので、どんどんボリュームが少なくなっていくような気がする。
でも相手はコンクールで5位以内に入ったカリスマ美容師らしいので、「とてもお似合いですよ。」と言われると、何となく「そおかなあ?」とその気になってしまって、強くは言えない私です。
あ!うわ!ぎゃ!
 

↓のつづき

 投稿者:voix  投稿日:2005年 1月 5日(水)16時35分34秒
  お兄ちゃんはたとえ財政が厳しくても、他人が不動産を持っていると、多少無理しても言い値でやたらと買おうとするのでした。
もともと私が銀行から7万ドルで買ったスイスの山荘を、15万で売ってくれと言うのだからまあ悪い話ではありませんが、ちょっと渋っていると、すかさず「じゃあ25万ドルで。」と言ってくるので私もついフラフラと売ってしまったりします(私が現金に弱いことを知ってるのよ)。

株の買い方にしても、私や娘が適当に市場にあるものを買おうとすると、「今、製鉄は『買い』じゃない、船会社か新聞社を買え。」などと教えてくれたり(また、その見通しが当たるんだわ)、ゴルフ場は最後まで手放すな、プレイ料が高いから、ラスベガスは銀行が高く買ってくれるからその時をマテ、ニースの別荘はあまりもうからないからチャンスがあれば適当に手放せ、等々教えてくれて、あらま、お兄ちゃん、もしかしてホリエモンみたいになれるかしらと、ゲームそっちのけでつい夢を見てしまう私でした(でも口が上手くないからどうかしら、交渉ができるかしら、よきブレーンに恵まれるかしら)。

そんなこんなで、株式会社を3社経営し、そのうち1社を独占すると、「大富豪」と見なされ、上がりになります。または手持ち財産が250万ドルを越えると上がりです。
毎回派手に売ったり買ったりをくりかえすお兄ちゃんが、手っ取り早く250万ドルを手にしてアガるのです。やっぱりリスクはあっても会社は持ってないとダメだなあ。株価が暴落を続けたりして、メチャクチャになることもありますが(普通はへこんでしまって降りるんだけど、お兄ちゃんは借金しまくってもゲームを継続)、大抵はコンスタントに営業利益が入ってくるし、配当も大きいし。
私などはいくら遺産相続で50万ドル入ってきてもダメ。ゲームなのに、冒険することが出来ないタイプなのですね。で、たとえ最下位になったとしても1万ドルは持ってるわけよ、お金もちジャン、と満足してしまう。
どっちにしても景気がいいゲームで、何だかちょっといい気分になるのです。
定期預金の利息、20%だし。。。ワハハハ
バブル時代のゲームなんだなぁ~。。。(関係ないけどオジサン経営者は年頭挨拶でよく『バルブが崩壊して…』などといいますよね)。

で、一応参加している娘は、多分業況ということについて何もわかっていないでしょう。コイツが「破産」すると泣いて大騒ぎするので、さらに負けてやって花を持たせなければならないというのが、最終的な私のお仕事です。

あまりにもこのお正月に、このゲームでつきまくったので、息子は夫から
「こんなところで、大事な運を使うなよ」とたしなめられていて、そしたら本人も思わずナーバスな顔になっていたのが可笑しかったですねえ。
 

しかし

 投稿者:voix  投稿日:2005年 1月 5日(水)15時18分19秒
  今年、私たち大人が本気を出してもお兄ちゃんに勝てなかったものがあります。
それは「大富豪」という、約15年前の新婚時代に夫の友人達から「お祝い」(というより、あれで自分達が遊びたかったのだろう)でもらったゲームです。
形式は人生ゲーム的ですが、内容は会社や不動産を売ったり買ったりしながら資産を増やしていって、適当なところで上がりを決めるという、なにやらバブルの名残りを感じるものなのでした。

こんなゲームで大人が二人して遊ぶわけないでしょ、でも捨てるわけにもいかないし…と10年ぐらいほったらかしにしてあったのですが、そのうち息子が発掘してきてなにやら楽しそうに一人遊びしているので、私も数年前から参戦することになりました。

単なるルーレットの数字で進んでいくだけなんだからカンタンカンタン、と思っていたらそうでもなくて、ちゃんと考えて売買しないと、どんどん貧乏になっていって、最後に破産してしまいます。でも破産を恐れて何も冒険しないのはもっといけないのだなあとあとから思い知らされます。
たとえば私なんかは現金至上主義なので、手元から現金がなくなることを極端に恐れますが、お兄ちゃんは現金がある限り、チャンスがあればどんどん会社を買って、不動産も買って、定期預金作って、現金が入用になれば、定期崩さずに、不動産をどんどん抵当に入れちゃうのよ。なんか、現金を作るために不動産を抵当に入れるのって、すごく抵抗があるんだけどなあ~。
つづく
 

レンタル掲示板
/12