teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


まりも特集

 投稿者:  投稿日:2008年 9月16日(火)18時20分36秒
返信・引用
  ラストランの前に撮った写真から投稿します。  
 

6000形特集ラスト

 投稿者:  投稿日:2008年 9月14日(日)20時26分0秒
返信・引用
  最後の1枚に、605の流し撮りで〆させていただきます。
次回から、まりも特集に移りたいと思います。
 

天井

 投稿者:  投稿日:2008年 9月14日(日)18時57分5秒
返信・引用
  天井の絵です。
6000形は蛍光灯はむき出しです。
蛍光灯が覆われている車両は、5000形のみです。
当時、5000形は札幌市交通局の車両の大革命車両といえますね。
 

広告欄と時計台

 投稿者:  投稿日:2008年 9月14日(日)18時55分19秒
返信・引用
  時計台といえば、札幌の観光地であり、日本一古い振り子時計といわれています。
そんな時計台の絵は、広告欄にも描かれていました。

さらに、内装の絵は、天井にも描かれていました。

これ、今は全部見ることが出来ないのですよね。
寂しいですね。
 

内装写真

 投稿者:  投稿日:2008年 9月14日(日)18時50分20秒
返信・引用
  6000形特集もまもなく終わろうとしていますが、
今回は内装写真です。
北海道庁舎の絵です。
北海道庁舎は今は北海道の歴史を象徴する建物として活躍しています。
この建物は赤いレンガで出来ています。
屋根の瓦は現在落下の可能性があるので、瓦の補修を行うそうです。
 

川崎重工

 投稿者:  投稿日:2008年 9月12日(金)18時00分45秒
返信・引用
  光の屈折が明瞭に見えて、プレートの厚みが感じられます。

見慣れたものでした。
 

私も遠征写真ですけど・・・

 投稿者:  投稿日:2008年 9月12日(金)17時55分58秒
返信・引用
  旭川には路面電車は走っていたそうですが、地下鉄はありません。
地下鉄の写真を撮る際、札幌に行ったついでに撮影します。

札幌近郊の撮影場所は私個人的には好きなので、投稿する写真はいつも遠征写真ですね。
旭川近郊は、写真にはなっても、あまりいい写りじゃないので・・・・
津軽海峡線からやってくる20両貨物も札幌までなので、私は札幌近郊が好きです。

今日の1枚はこれです。
作品名「テレビに映る6000形」
 

6000形収集

 投稿者:  投稿日:2008年 9月11日(木)20時24分26秒
返信・引用
  仕事の関係でなかなか追いつきません。

6000形も結構投稿しましたね。
今日はこの表示機と6000形を投稿させていただきます。
昔は反転式だったのですが、LEDに転換されました。
行き先表示機が必要な理由は、過去の写真をみてわかるように、2000形、3000形は行き先表示があるのですが、6000形や7000形1,2次車は行き先表示機がありません。
東豊線は開業当初から、LED式だったのですが、東西線は反転式でした。
南北線は、従来の2000形、3000形が2ドアに対し、5000形は4ドアなので、車両の乗車位置が異なるため、乗車位置を表示するために付けられました。
 

乗り心地

 投稿者:  投稿日:2008年 9月 9日(火)16時52分9秒
返信・引用
  気をつけなければならないのは、加速時もです。
少しずつノッチを入れるといいでしょう。
HL車以外は、速度に応じて段を変える必要はありません。

ブレーキも少しずつです。
私の場合、ブレーキをかけたら緩めるまでずっとブレーキを弱めません。
急に弱めるのも乗り心地に悪いですし、人の慣性を利用して、ブレーキをかけます。

ATS作動時は、減速中ならすぐに確認していいですが、減速中以外は、ブレーキをかけたらすぐ確認をして、すぐ弱めてください。
ATSのためのブレーキも普通は何も感じません。
でも、ブレーキをかけないと、ベルは止みません。
ですから、ATS作動時のブレーキの使用はなるべく控えめで。


本物の運転士のように運転するのも楽しいですね。
電車でGOのようなゲーム感覚ではなく、本当に運転するいわば「電車ごっこ」はBVEでしょうね。
東京のシュミレータは実写もあるそうです。
実写もCGのBVEとは違って面白いですね。
 

BVE攻略

 投稿者:  投稿日:2008年 9月 9日(火)16時35分46秒
返信・引用
  たまにはBVEの運転法を伝授したいと思います。
BVEは私のピアノの先生もはまっています。
鉄であってもなくてもピアノ教室のパソコンで運転している人もいます。

BVEでの一番の楽しみは、やはり0.0m停車でしょう。

私の運転の仕方は、少しはダイヤにゆとりを持たせつつ、乗り心地重視で、急ブレーキ⇒ブレーキ1段目と少しずつ弱めていくのですが、一定の速さになったら一度ブレーキを惰性にします。
ダイヤにゆとりを持たせる理由はここです。
黄色いバーを見ながら、ブレーキを1段にしたり、惰性にしたりしながら停車します。
一定の速さ=10km/hほどあれば出来るでしょう。
 

レンタル掲示板
/13